痛みについて

痛みのメカニズム

痛みには下記のメカニズム説などがあります。

〇神経生理学的メカニズム
〇神経生化学的メカニズム
〇病理学的メカニズム
〇心理学的メカニズム

ゲートコントロールセオリー

MelzackとWallは,1965年にゲート・コントロール理論(gate control theory)という理論を発表しています。
この理論では、痛みを単に末梢性侵害受容器から中枢への一方向の神経伝達による単純な知覚ではなく、触覚や温覚など他の感覚刺激や、気分や注意などの精神状態によっても影響を受ける複雑な知覚だと解釈されています。
末梢神経から脊髄神経へと痛みが伝わるときに、脊髄に痛みをコントロールするゲート(門)があり、ゲートが開いていると痛く感じ、ゲートが閉じていると痛みを感じないという事です。このゲートの開閉は様々な要因によって調節されています。そしてsubstantia gelatinosa(SG)というニューロンがゲートを閉じる役割を担っていると言われています。

さする・なでる
痛みを脳に伝える神経線維(AδとC)は、SGを抑制するので、痛みの信号伝達のゲートが開き、痛みを感じます。
一方Aβ線維を刺激する(触る、撫でる)と、ゲートがしまり、痛みの刺激が通過しにくくなります。「イタイノイタイノ飛んでけー」で痛みが緩和するのはこれが関係しています。

 感情や情動による疼痛制御
痛み情報を上位中枢に伝える神経細胞は,末梢あるいは上位中枢の様々な領域から下行性に影響を受け、それらの競合の結果として痛み情報の入力量がコントロールされて痛みの感覚が生じていることが明らかとなりました。不安や鬱状態の時はこのゲートが開きやすいと言われています。

痛みと筋肉の関係

痛み刺激は視床下部の自律神経の中枢にも作用し、交感神経を興奮させると言われています。そうすると末梢血管が収縮し血圧が上昇し、呼吸が浅くなります。
また、末梢血管が収縮することで組織が虚血状態となるため、乳酸が蓄積し、筋硬結が生じると考えられます。血流が悪くなるため慢性痛がある方の皮膚の色は悪く、冷たく湿っぽくなるとも言われています。
栄養状態が低下すると薄く光って見えるようになります。カウザルギーやCRPSと呼ばれるものです。

痛みと鬱の関係

痛み刺激が続くと大脳辺縁系から大脳全体にその刺激が伝わり、鬱症状が出現することがあります。
ハーバード大学病院の調査によると、慢性痛がある方はなんらかの鬱症状を持っており、また鬱症状が慢性痛を増悪させると分かりました。また、精神疾患にかかる率も3倍に増えるとの報告もあり慢性痛と鬱の関係は深いものがあります。

l_020

アロマと疼痛緩和の関係

先程記述したとおり鬱症状等のメンタルと疼痛は関係しています。つまりメンタル面にアプローチすることで慢性疼痛が軽減することが考えられます。

アプローチ方法の一つとしてアロマがあります。

視覚や聴覚などが視床や大脳皮質を経て大脳辺縁系へ到達するのに対し、嗅覚は嗅神経からダイレクトに大脳辺縁系へ入ります

アロマセラピー等の嗅覚刺激は直接大脳辺縁系へ刺激がいくので慢性疼痛患者の疼痛改善アプローチに用いられる事がある。

嗅覚以外にもプラセボなども慢性疼痛には効果的かと思いますし、患者様が安心できるように療法士が係ることも効果があると思います。

005_1024


投稿日:2015-01-29 | Posted in OT通信No Comments » 

関連記事