ノーマライゼーションについて


ノーマラーゼーションという考え方は、デンマークのバンク-ミケルセン氏が、知的障害者へのあり方に対して提唱したのが始まりといわれています。1959年法の中で「障害のある人たちに、障害のない人々と同じ生活条件を作り出すこと」と提唱されました。

その後、スウェーデンのベングト・ニィリエ氏が、ノーマライゼーションの原理を体系化しました。彼は、ノーマライゼーションの原理を以下のように定義づけしています。

ノーマライゼーションの原理とは、生活環境や彼らの地域生活が可能な限り通常のものと近いか、あるいは、全く同じになるように、生活様式や日常生活の状態を、全ての知的障害や他の障害を持っている人々に適した形で、正しく適用することを意味している

 その後、この考え方は障害者政策の重要な考え方として世界に広まり、現在では、「障害をもつ人も、持たない人も、地域の中で生きる社会こそ当たり前の社会である」と定義づけされています。

 

バリアフリーとユニバーサルデザイン

 

ノーマライゼーションを達成するためにはバリアフリーやユニバーサルデザインといった考えがあります。

バリアフリーは、障害者が生活していく上で障害(バリアー)を取り除いていくという考え方です。例としては、段差をなくし車いすの方が住みやすくするなどです。

 ユニバーサルデザインの例としては、ボトルのポンプ部分の形状がシャンプーとリンスでは異なっている。もともとは視覚障がい者が、シャンプーとリンスを区別しやすいように考案された方法である。洗髪をしているときは目を閉じて使用するので、視覚に障がいを持っていない人にも便利です。

また電車内で行き先や停車駅・停留所、乗り換え情報などがいろいろな形式(漢字、ひらがな、カタカナ、英語など)で表示されるのも車内アナウンスの聞こえない・聞こえにくい人、子ども、外国人にも分かりやすいようにデザインされたものです。

 今後もっとこのような考えによる商品が増え全ての人が住みやすい社会になればいいですね。またそのような商品開発や活動に作業療法士の知識や技術が生かせるのではないかとも思います。今後そのような作業療法士が増えていけばと思います。


投稿日:2015-04-24 | Posted in OT通信No Comments » 

関連記事