住宅改修について(屋外)

住宅改修を行う時には、本人、ケアマネジャー、業者さんなどと話し合い、その人に合った改修が行われる事が大切だと思います。今回は一つの案として利用していただければと思います。

現在の住宅の問題点を挙げる

まず最初に、実際に生活を行う住まいの安全性をチェックします。
退院を支援する際に多くのセラピストが住宅の環境について情報収集を行い、安全性や快適に生活がおくれるのかという点を確認すると思います。
多くの場合、玄関、トイレ、浴室に手すりがなく、あった場合にも身体状況に適していない事も多くあります。福祉用具の利用も考え住宅改修を行っていく必要があります。

介護保険を利用した改る修の場合

認定ランクにかかわりなく、1人あたり「20万円」のサービスが受けられます。

自己負担額は1割

【支給限度額および管理期間】

支給限度額は20万円

支給限度額の管理期間はなし
(※要介護状態が著しく高くなった場合や転居した場合は再度利用可能)

 玄関ポーチ・外まわりの改修

安全な外出のためには、道路までの動線の整備が必要です。

【 車いすをご利用の方】
〇導線に敷石や砂利がある場合は、路面の舗装が必要となります。
〇玄関ポーチに段差がある場合には緩やかなスロープで段差を解消します。
〇場合によっては、取外し可能な簡易スロープを利用します。

a0001_000421

【歩行や段差昇降動作が可能な場合】
〇能力に応じて手すりを埋め込み設置します。
〇雨に強いものや、夏や冬でも温度差の少ないものなど素材選びにも注意が必要です。
〇玄関ポーチが滑りやすい場合は防滑仕様の床材を張るなどの対策が必要です。

a0001_001821

【玄関まわりの段差解消】
玄関から道路までの段差を解消しようとすると、とても大がかりな工事になってしまいます。状況に応じて健康な時に利用していた導線ではなく新しい導線を検討する事も重要となってきます。
例えば、玄関を通らずに、直接庭からリビングへ出入りするなどのスロープの設置やリフト利用の検討も必要な場合があります。その時、スロープは、勾配が大きくならないことや、踊り場の広さに注意が必要です。

 

 



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9597483234166826"
data-ad-slot="6021568791"
data-ad-format="auto">


投稿日:2015-07-02 | Posted in OT通信No Comments » 

関連記事