住宅改修について(お風呂)

浴室の段差

一般的な洗い場の多くは、脱衣所との間に段差があります。
そこで「すのこ」を設置し段差の解消をします。浴室内すのこは、特定福祉用具の入浴補助用具の浴室内すのこ(浴室内に置いて浴室の床の段差の解消ができるものに限る)に該当するものと考えられるので、住宅改修ではなく福祉用具購入の支給対象となります。

手すりの設置

浴室には樹脂など滑りにくく水に強い素材の手すりを使います。
浴室内に取り付ける手すりには様々な目的がありますので、その目的に応じたものを選択します。

  • 浴槽を跨ぐための手すり
  • 浴槽からの立ち座りのための手すり
  • 洗い場での立ち座りのための手すり
  • 洗い場を移動するための手すり
  • 脱衣所と洗い場を出入りするための手すり

また、改修での手すり設置以外にも購入し浴槽に取り付けるものもあります。

福祉用具の購入の検討

〇浴槽台
浴槽内での立ち座り動作を楽に行うためなどに使用します。


〇お風呂椅子
洗体、洗髪をする時に使用します。立ち座りなどを楽に行う事ができます。
高さ調節や、背もたれの取り外しができるものなどもあります。


〇バズボード
座位姿勢から浴槽内に入る時に使用します。


〇すべり止めマット
浴槽内での転倒のリスクを軽減します





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9597483234166826"
data-ad-slot="6021568791"
data-ad-format="auto">


投稿日:2015-09-23 | Posted in OT通信No Comments » 

関連記事