頚椎疾患について

脊柱は、頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個の24の個椎骨からなります。頚椎は第1頚椎から第7頚椎まで存在し、第1頚椎と第2頚椎は頚部の回旋運動を行い、第3頚椎から第7頚椎は前後屈運動を主に行います。頚椎は神経や血管、食道、気管の通り道になっているほかに、重い頭を支える支柱の役目を担っています。
肩イメージ

頚椎椎間板ヘルニア

ヘルニアとは、「飛び出す」という意味です。
椎間板の亀裂から椎間板の中身(髄核)が飛び出して背髄神経を圧迫した状態をいいます。神経圧迫の程度や部位によって頚部痛、神経根症、脊髄症を呈します。変形性頚椎症と区別が困難なこともあり、MRI画像診断が必要となります。
基本的には、消炎鎮痛剤や湿布、必要に応じてカラーななどの装具療法や、けん引療法など、保存的療法で治療を進めます。症状の程度によっては、ヘルニアの摘出・椎骨の固定などの手術が必要になることもあります。

変形性頚椎症(頚部脊椎症、頚椎症)

椎間板の老化によって椎間板が潰れ、椎間板付着部の椎体から骨棘ができ神経を刺激した状態をいいます。
誰でも椎間板の老化現象で、変形が生じます。変形があっても症状がでないまま一生を終える人も多く存在しますが、年齢とともに次第に悪化するケースが多いです。
メインは保存的治療による疼痛コントロールを行います。まずは、日常生活で同一姿勢の長時間の保持を避けます。また、痛みがない時期には積極的に頚部の筋力訓練を行います。ランニングなどの軽い運動も効果的です

骨棘が神経を圧迫する⇒神経根症(頚椎症性神経根症) 
骨棘が脊髄を圧迫する⇒脊髄症(頚椎症性脊髄症)

頚椎後縦靭帯骨化症

後方の後縦靱帯が老化によって硬くなり骨化し、分厚くなってくることで脊髄を圧迫する状態をいいます。

    【頸椎後縦靭帯骨化症】
最も多く発症する部位が頸椎です。女性よりも男性に多く見られます。主な症状は脊髄圧迫症状で、手足のしびれや痛みを発症することが多く見られます。また、巧緻動作が困難となることや、痙性歩行などの運動障害も出現します。さらに頻尿や失禁などの膀胱直腸障害もみられます。

【胸椎後縦靭帯骨化症】
胸椎にもできることがあります。頚椎後縦靭帯骨化症と比較し、上肢には症状がでませんが下肢の運動や感覚に異常をきたします。また排尿障害も起こることがあります。胸椎は脊柱管のなかで最も脊髄のゆとりがないところであり、比較的急速に症状が悪化することもあります。この場合は狭窄の程度がひどくなったり、上半身の動きが制限されることがあります。

【腰椎後縦靭帯骨化症】
歩行時の下肢の疼痛やしびれ、脱力感が出現します。
腰椎後縦靭帯骨化症が進行すると脊柱管が狭くなり、腰部脊柱管狭窄症を引き起こし、坐骨神経痛を生じるケースがみられます。頚椎や胸椎の後縦靭帯骨化症と比べると、比較的軽い症状が多く見受けられますが、骨化した部分に外部から衝撃を受けると、急激に症状が悪化することがあります。


投稿日:2015-11-05 | Posted in OT通信No Comments » 

関連記事