心不全について


訓練場面において患者や利用者様の持久力等を評価することは大切だと思います。
特にご高齢の方の訓練になると易疲労性の方も多く、負荷量等を調整することが必要です。

その指標の一つに心機能があります。

今回は心臓について簡単にまとめていきたいと思います。
080

心臓とは?

心臓は全身に血液を送り出すポンプの役目をしている臓器です。
右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋に分かれており、左右の心房と心室の間には心室中隔、心室中隔という壁があり、心房と心室の間は弁で仕切られています。

心臓は拡張し血液を入れてから収縮し血液を全身に送るといった一定のリズムを刻んでいます。この心臓の働きは脈拍にて確認することができます。


体循環と肺循環について

血液を最も送り出す役割を担っているのが左心室です。
肺で酸素を取り入れた血液は、左心房から左心室に入り左心室の収縮によって大動脈に送り出されます。大動脈から枝分かれした動脈は、更に小動脈、毛細血管へと筋肉や皮膚などの末梢の組織にも酸素や栄養を運びます。


肺循環について

右心房から右心室に入った静脈血は、右心室の収縮により肺動脈に送り出され、肺小静脈を通じて肺胞に接した肺毛細血管に運ばれます。
そこで、肺毛細血管から炭酸ガスが肺胞に排泄され、逆に酸素が肺胞から取り込まれ、酸素を含む新鮮な動脈血が肺静脈を通り左心房へ還流するのです。


心不全について

心不全とは?
全身の各組織が必要とする血液量を心臓とする血液量を心臓が拍出できない状態。心不全は心臓の機能障害による体内各臓器と四肢末梢の障害に起因する息切れを主徴とし、動機、倦怠感、運動耐容能の低下などをきたす症候群である。

心不全をきたす原因疾患
〇心筋梗塞
〇狭心症
〇心房中隔欠損症
〇心室中隔欠損症
〇僧帽弁閉鎖不全症
〇大動脈弁閉鎖不全症
〇僧帽弁狭窄症
〇大動脈弁狭窄症
〇心タンポナーゼ
〇心肥大
〇間質性肺炎
〇慢性閉塞性肺疾患
〇腎不全
〇高血圧
など

心不全の代償機構
・ポンプ機能が低下したときにその機能を維持するための多くの代償機構が働く。

Frank-Starling機構
心肥大
交感神経亢進
レニン‐アンジオテンシン‐アルドステロン系


左室駆出率(EF)について

左室に充満した血液(=拡張終期容積)に占める1回の収縮で駆出される血液量(=1回拍出量)の割合であり、心ポンプ機能の指標の一つである。

左室駆出率(EF)%=1回拍出量/拡張終期容積×100

正常は60%以上
40%以下が予後不良
30%以下の重症例もみられる。

 

 


投稿日:2016-01-14 | Posted in OT通信No Comments » 

関連記事