ICFについて

世界保健機構(WHO)が障害を把握する指標として制定された国際疾病分類(ICD)がある。1980年にはそれを補完する国際障害分類(ICIDH)が発表された。そして2001年にその改訂である国際生活機能分類(ICF)が作成されました。

ICFとは?

「ICF」とは、International Classification of Functioning, Disability and Health(国際生活機能分類)の略で、WHO(世界保健機関)で1980 年に制定された「ICIDH(International Classificationof Impairments, Disabilities and Handicaps・国際障害分類)」の改訂版です。

「ICF」は 2001 年に制定され、正式名称は「生活機能・障害・健康の国際分類」といいます。障害に関することや、健康に関することなどを、約 1,500 の項目(正確には 1424 項目)に分類し、それらが下の図のように複雑に絡み合って相互作用していると考えたものです。
また、子ども向けのICF として、ICF version for Children and Youth (ICF-CY,児童青年期版(仮訳))が WHO の関係会議で 2006 年に承認されています。








ICFの特徴

○ 環境因子や個人因子等の背景因子の視点を取り入れていること
○ 構成要素間の相互作用を重視していること
○ 「参加」を重視していること ○ 診断名等ではなく、生活の中での困難さに焦点を当てる視点を持っていること
○ 中立的な用語を用いていること
○ 共通言語としての機能を持つこと




ICFにでてくる言葉について

ICF には6つの「単語」が出てきます。「健康状態」「心身機能・構造」「活動」「参加」「環 境因子」「個人因子」です。
それぞれはどういったことことを見るのかを簡単にまとめます。
① 健康状態」…疾病や体の変調、怪我、妊娠、高齢、ストレス、先天的異常など様々なものを含む広い概念となっています。「疾病」だけでなく、私たちが普段から関係するような心身の状態まで含まれています。「脳卒中」「脳性まひ」「自閉症」などの症状名は、ここに含まれます。

② 心身機能・構造」…「心身機能」の問題、「身体構造」の問題を指します。右上肢に麻痺があるや、左側の見落としがあるなど物を見たり、聴いたりする機能もここには含まれます。

③ 活動」…「活動」とは「行動」を指します。生活するうえで必要な具体的な行動、歩行、入浴、家事、余暇活動などがあります。

④ 参加」…「参加」は簡単にいうと、社会的参加です。実社会への参加、学校への参加、学級への参加、家庭への参加とたくさん本人が「参加」している場面は考えられます。

⑤ 環境因子」…「物的環境(例えば…道路の構造、階段や段差、建物の構造、交通機関、車いすなどの福祉機器など)」「人的環境(例えば…家族、教師、友人、まわりの人々の障害者に対する意識など)」「制度的な環境(自立支援法などの法律、医療や介護などのサービスなど)」にわけることができます。これら環境によって、「障害」そのものの捉え方が大きく左右されます。

⑥ 個人因子」…その人の「個性」と考えていいでしょう。例えば、年齢、性別、民族、生活歴、価値観、ライフスタイル、興味関心などです。


まとめ

ICFの大きな特徴は、その評価に「環境因子」という観点を加えた点です。
能力障害や社会的不利は患者自信のみの問題ではなく、患者を取り巻く環境が影響していることが多いです。障害があることを肯定的にみながら、それに対して周囲がどう働きかけていけば良いかプラス試行で考えていく。
「できないことの代行」ではなく、「どうすればできるようになるか」の対策を考える。
障害がなかったころへの過去の生活へ戻ろうするのではなく、新たな人生や生活との出合いに向けて、リハビリテーションチームと患者や家族が目標を共有し合うことが必要である。
「活動」と「参加」という概念を用いて、「能力障害」を「活動の制限」、「社会的不利」を「参加の制限」と捉え直し、それらの制限をなくすには周囲がどのようにすれば良いかを考え、行動していく。障害がありながらも、その人がその人らしく活動性を維持し、社会参加できることを支えることが大事である。


      


投稿日:2016-07-30 | Posted in OT通信No Comments » 

関連記事