外反母趾について

今回は外反母趾について簡単にまとめてみました。



外反母趾について 外反母趾の原因には5種類のパターンがあるといわれています。変形パターンや特徴もそれぞれ5種類に分けることができます。 まずはどのようなパターンがるのかをまとめていきます。



靭帯性外反母趾

横アーチと呼ばれる横中足靭帯が伸びびたり縮むことで、親指が小指側に曲る状態。

足底筋群の発達不足などが原因の一つともいわれている。

仮骨性外反母趾

親指は曲らないで親指のつけ根の骨だけが出張り、外見上、曲ったように見える。

混合性外反母趾

靭帯性外反母趾と仮骨性外反母趾が混合した状態であり中年以降の女性に多く見られる。

病変性外反母趾

リウマチやヘバーデン結節による外反母趾でひどく変形する。痛みや腫れがある時は変形が進行している時であり、早めにテーピングで形を整えておくと進行を最小限にくい止めることができる。

ハンマートゥ性外反母趾

指がハンマーのように縮こまっていたり、逆に反り過ぎた状態。

本来の足趾の機能が働いていない場合や生まれつきハンマートゥの要素もある

 


靭帯性外反母趾について


最も一般的な外反母趾と言われるタイプが靭帯性外反母趾です。

靭帯性外反母趾について少しまとめてみます。

靭帯性外反母趾は足先の横アーチを支えている横中足靭帯が緩むことにより、親指が小指側に曲がってしまうパターンです。これが進行してしまうと脱臼状態になり、歩行時に疼痛が出現したり、靴を履くと痛いなどの症状が出現します。

靭帯性外反母趾によって出現する症状。

1.足の指や足の指の付け根の痛み

2.むくみ、しびれ

3.下腿の疲労骨折

4.下肢の長短差が出てしまう

5.骨盤がズレて左右の高低差が出る、側弯症など

6.咬合異常、股関節症、偏頭痛、肩こり

など足以外にも様々な不調が出現すると言われています。



靭帯性外反母趾対策

 

靭帯性外反母趾の対策法としては

①テーピング

足の親指がこれ以上悪化しないように、
進行を阻止します。痛みも多少緩和出来ます。

②インソール

歩行時の疲労を軽くし、
痛みの緩和、ムレの防止効果があります。


③靴

足囲が広い靴や

靴に自分の足を合わせるのではなく、自分の足に靴を合わせることが大事です。

キツ過ぎる靴、緩すぎる靴、先細りの靴、材質の柔らかい靴は避けたほうが良いです。

④足趾の運動

両足趾の屈伸運動。つまり指をグーパーと開いたり閉じたりします。

グー、パー各5秒間静止を1セットとします。

 


投稿日:2016-12-17 | Posted in OT通信No Comments » 

関連記事