AEDについて

AEDについて

AEDとは?
AEDとは自動体外式除細動器のことであり、心室細動を起こした人に電気ショックを与えることで、正常なリズムに戻すための医療機器です。
心室細動を起こした心臓は、ポンプとしての機能を失い、脳や身体に血液を送ることができなくなります。
そのため脳や体内に酸素が供給されなくなり、やがては心臓が完全に停止して死に至ることになります。

  

現在、病院外での心停止は、全国で年間2~3万件あるといわれており、その多くは心室細動です。

※心室細動とは

  • 心室内での興奮が無秩序に行われているもので、きわめて危険な状態。
  • QRSは幅広く、不規則な波形を示し、またP波は認められない。
  • 血圧の低下が著しく、脈は触れなくなる。
  • 直ちに、医師及び周りのスタッフ全員を呼び、救命処置をとる必要がある。

高齢化により今後さらに増えることが予想されています。心室細動を起こした場合の最も優先される治療方法が電気ショックを与え、心臓のリズムを正常に戻すことであると言われており、処置が1分遅れるごとに、約10%ずつ救命率が低下するとも言われています。
 また救命率だけでなく、その後の社会復帰率も向上するとも言われています。



AEDの使用は、以前は医師のほか、救急救命士や飛行機の客室乗務員などに限られてきましたが、平成16年7月より一般市民でも使用できるようになりました。
 また同時に普及にも力が入れられ、現在では空港や駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業など人が多く集まるところを中心に約20万台が設置されているそうです。

 
 
 
AEDは機種によって操作に多少の違いはありますが、初めて使用する方にも音声が指示してくれるので、電極パッドを貼る部位も、パッケージに示されています。また電気ショックの必要がない場合等もパッドを貼ることで教えてもくれますので安心です。
心室細動以外の不整脈や心停止は電気ショックが必要がないので電気は流れません。意外にこの部分は知らない方も多いのではでしょうか?
AEDのは近くの消防署や地域の講習会などでおこなっているようですので、一度受けておくことと良いかと思います。  


使い方流れ
 ①まず電源を入れます。
電源を入れると、使用方法を音声により指示してくれます。


②電極を倒れている人に貼ります。
パッドと言われる電極を倒れている人の素肌に貼ります。 貼る位置は図で示されています。 解析中は倒れている人に触ってはいけないです。その後 器械が心臓の状態を見るための解析を始めますので、その間は倒れている人には触らないで下さい。


③電気ショックを行う。
誰も倒れている人に触っていないのを確認してショックボタンを押します。
 

倒れている人がいたら早急な対応が命を左右します。
すぐに行動できるように日頃からどんなところにAEDがあるのか見てみるのもいいかもですね。


投稿日:2016-12-20 | Posted in OT通信No Comments » 

関連記事