片麻痺者の生活行為に対する作業療法の展開~食具などの道具操作を通した手へのアプローチ~

l_216

講師

氏名:原 義晴 先生

資格:作業療法士

所属:大和大学 教授

内容  (概要)

脳卒中後遺症により身体片側の麻痺が生じた場合、非麻痺側の手を使いながら様々な生活行為を取り戻そうとします。



この場合、片麻痺者は、これまで両手動作で経験したものとは全く違う運動感覚情報を感じることになります。そして、混乱しながらも生活環境に適応しようと努力されます。

 

本セミナーでは、はじめに、片麻痺者が直面する非麻痺側手を使う場合の姿勢及び運動の困難さと、その障害像の捉え方を実際に道具操作をしながら体験学習します。特に、片麻痺者のスプーン・フォーク・箸・調理器具など道具操作に伴う運動ー感覚情報の分析と困難さを抽出します。 その後、作業療法士として片麻痺者が行いやすいと感じる介入方法を実技体験します。

次に、ある程度麻痺手が動く場合の回復過程を、道具操作の段階づけから事例報告とその作業療法内容を実技体験します。 そして、生活行為における片麻痺者の麻痺手・非麻痺手の関係を利き手・非利き手の役割から検討します。

 

(内容)

 1.手の役割と神経システムの関係

 2.片麻痺者の食具等の操作と姿勢コントロールの関係

 3.非麻痺手による道具操作と麻痺側身体への介入

 4.麻痺手の道具操作(食具・調理具など)の事例分析と回復への道具操作の段階づけ

 5.非利き手・利き手の関係から麻痺手の捉え方と作業慮法の介入意義
日時 平成30年10月21日(日曜日)

10時00分~16時00分
会場

会場:尼崎中小企業センター 401 

住所:〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目6-68

 

受講費 通常:9,800円

ペア割り:8,800円 ※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項 ①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。

②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。

③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。

④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。

⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。

⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。

⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。



※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。

そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。

キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。

※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む


投稿日:2018-05-24 | Posted in セミナー一覧, 大阪・兵庫開催No Comments » 

関連記事