CVA、高齢者に対する自動車運転再開評価と支援全般の実際 現法を踏まえて、今療法士がどう介入するか

自動車運転

講師【講師】
氏名:生井 宏満 先生
資格:作業療法士
所属:佐野厚生総合病院
内容
大脳皮質の加齢性変化や脳血管障害によって、認知機能の低下や高次脳機能障害が問題とされる方の自動車運転が、社会問題となっています。
この問題に対し、対象者のニーズに沿って、身体機能や活動能力、認知機能、高次脳機能を評価できるリハビリテーション・セラピストの役割が重要視されています。

現在、運転に関与する研究会なども発足されており、リハビリテーションに関わる各種学会では、高齢者や脳血管障害後遺症者に対する自動車運転評価や支援についての報告が散見されるようになりました。

一方、その支援方法は、各都道府県での独立した対応を構築していく方針となっております。
また、医療機関や行政機関での対応は様々であり、介入方法には個人的・環境的な格差が生じています。
したがって、その支援方法には統一性がなく、各セラピストでもどのように支援や評価をしてよいのか、現在も混乱されているであろう問題となっています。

本セミナーでは、最新の道交法を理解した上で、急性期、回復期、または患者様が社会復帰する際の必要時などに、自動車運転再開評価プログラムを運用し、運転の再開の是非を求めた評価や支援全般をさせて頂いた実例を御紹介させて頂きます。さらに皆様が困惑されているであろう公安委員会や自動車学校との連携の取り方や、自治体の動向についても理解し、療法士個人での対応が可能な支援方法や評価などの最新情報をご紹介させて頂きます。

これらの知識には日々のアップデートが必要ですが、この講義を受講することで、翌日から医療機関やセラピスト個人において、運転評価や支援が実際に開始できる内容となっております。

【内容】
◯法制度の理解
◯療法士や医療機関の役割り
◯介入の手順(自動車運転再開評価プログラム)と評価内容(神経心理学的検査の選択要因)について
◯公安委員会や教習所との連携(個人編)で行うこと
◯運転不可となった方への対応や代償手段のご紹介の内容
◯運転支援に関わるために、その他の知っておくべきこと(医学的見解、ドライビング・シュミレーターの紹介、自動運転について)
◯症例(3例)①CVA後遺症者 ②認知機能が低下された高齢者 ③発達障害と躁うつ病の合併者
◯質疑応答を含む情報交換会

日時令和元年7月14日(日)
10時00分~16時00分
会場

会場:岡山西川原プラザ大会議室
住所:〒703-8258 岡山県岡山市中区西川原255

岡山県岡山市中区西川原255

受講費通常:9,800円
ペア割り:8,800円 
※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。
②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。
③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。
④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む


投稿日:2019-04-16 | Posted in セミナー一覧, 岡山開催No Comments » 

関連記事