運動療法におけるリスク管理


運動療法とリスク

安全に運動療法を進めていく上でリスクを把握しておくことは非常に大切なことです。今回は、リスク管理について一部紹介させていただきます。

アンダーソン・土肥の基準

 

Ⅰ.運動を行わない方が良い場合
 1)安静時脈拍数120/分以上
 2)拡張期血圧120以上
 3)収縮期血圧200以上
 4)労作性狭心症を現在有するもの
 5)新鮮心筋梗塞1ヶ月以内のもの
 6)うっ血性心不全の所見の明らかなもの
 7)心房細動以外の著しい不整脈
 8)運動前すでに動悸、息切れのあるもの

Ⅱ.途中で運動を中止する場合

 1)運動中、中等度の呼吸困難、めまい、嘔気、狭心痛などが出現した場合
 2)運動中、脈拍が140/分を越えた場合
 3)運動中、1分間10個以上の期外収縮が出現するか、または頻脈性不整脈(心房細動、上室性または心室性頻脈など)あるいは徐脈が出現した場合
 4)運動中、収縮期血圧40mmHg以上または拡張期血圧20mmHg以上上昇した場合
 
Ⅲ.次の場合は運動を一時中止し、回復を待って再開する
 1)脈拍数が運動時の30%を超えた場合、ただし、2分間の安静で10%以下にもどらぬ場合は、以後の運動は中止する  かまたは極めて軽労作のものにきりかえる
 2)脈拍数が120/分を越えた場合
 3)1分間に10回以下の期外収縮が出現した場合
 4)軽い動悸、息切れを訴えた場合

目標心拍数について

患者様に運動療法を実施する際にどの程度の運動負荷が適切なのか悩んだことはありませんか?

今回は目標心拍について書いていきます。

目標心拍数とは?

心拍数とは1分間に心臓が拍動する回数を言いますが、運動する際の理想の心拍数を目標心拍数と言います。

目標心拍数は計算式で求めることができます。

 

目標心拍数計算方法

 

{(220-年齢)-安静時心拍数}×運動強度+安静時心拍数

 (220-年齢)というのは、最大心拍数(maxHR)です。 苦しくてもうこれ以上無理だと思われる状態の時の脈拍数です。 安静時心拍数(restHRというのは安静にしている時の心拍数です。 一般でははおよそ1分間に60~70拍くらいと言われていますが心肺機能の高いアスリートは1回の拍動により送り出される血液の量が一般人よりも多いため40~60拍くらいだそうです。

 

運動強度(k)については以下の通りで求めます。

k=0.6(通常) 0.4~0.5(high risk) 0.3~0.5(心不全)

特に心臓に問題ない場合は0.6をかけます。心不全のかたに対し運動を実施する際には0.3~0.5をかけます。

 

例1)特に心疾患のない25歳男性、安静時の心拍数が60回の方の目標心拍の求め方

220-25-60=135

135に運動強度0.6をかけると135×0.6=81となる

81に安静心拍数の60をたすと81+60=141となり

目標心拍数は141回/分であると求めることができる。

例2)心不全の80歳代女性、安静時の心拍数が80回の方の目標心拍の求め方

220-80-80=60

60に運動強度0.3(心不全のため)をかけると60×0.3=18となる

18に安静心拍数の80をたすと18+80=98となり

目標心拍数は98回/分であると求められる。

患者様の体調や年齢に合わせた運動を実施するために参考にしてみてください。


投稿日:2014-11-27 | Posted in OT通信No Comments » 

関連記事