笑いが身体に及ぼす影響


笑いの効果

いが身体に及ぼす影響は様々ありますが代表的なものを紹介させていただきます。


ナチュラルキラー細胞

 がん細胞を退治してくれるリンパ球の代表にナチュラルキラー細胞(NK細胞)と呼ばれるものがあります。

NK細胞の働きを活発にし、がんやウイルスに強い体を保つには、日常でいくつかの心がけが必要です。NK細胞はストレスによって弱まり、うつ状態ではかなり悪影響を受けてしまいます。まずは以下のことを心がけましょう。

【ナチュラルキラー細胞を増やす、強くさせる4つの方法】

1.毎日7~8時間の睡眠をとる

2.心身の過度なストレスや疲労を避ける

3.適度な運動を続ける
※毎日約30分、少し速いと思えるくらいのスピードでウォーキングが効果的と言われている。過労となるほどの運動は逆効果。

4. 毎日笑顔で過ごす。よく笑う。
※NK細胞の働きが弱い人や基準値の人は、作り笑顔を続けた後にNK細胞が活性化するという実験結果が出ています。笑うことは免疫力アップに効果的です。

笑いに対する研究

 ストレス学で有名なカナダのハンス・セリエ博士は自身の著書で「不快な気持ち、マイナスの感情を抱くことは心身ともに悪影響を及ぼす」と述べています。逆に考えるとポジティブな感情や笑うことは心身に良い影響を与えると考えられます。

アメリカでは喜劇やコメディ番組を見て、毎日10分間大笑いすることで膠原病が治ったとの報告もあり、笑いが心身に与える影響はとても大きいと思われます。

【笑いの諸説について】

アメリカの哲学者ジョン・モリオール氏は笑いを3つの理論で説明されています。

25

最後に

今日書いた以外にも笑いには鬱病や疼痛にも効果があるなど様々な効果があります。リハビリテーションを実施する際に療法士は様々研究や勉強・徒手療法を学ぶと思います。それらの勉強を基に患者様に治療行為を行うと思いますが、私は患者様を笑顔にすることも立派な治療行為であると思います。
触診やハンドリングは苦手だけど患者さんと関わるのが上手い。それも凄く大事な事で、立派な才能であると思います。

4851929570_a97aae37e7_o


投稿日:2014-12-18 | Posted in OT通信No Comments » 

関連記事