現役作業療法士が腰痛の原因や治し方、対策について詳しく説明します。

腰痛の治し方-作業療法士が教える本当の腰痛の治し方

マットレス

アスリープマットレスは腰痛にいいのか?

投稿日:

アスリープマットレスとは?

アスリープマットレスはトヨタグループのアイシン精機が手掛けたマットレスです。上質な眠りにこだわって作られており、非常に人気のシリーズです。

マットレスの中の素材に使用されているファインレボが最大の特徴で、体圧分散機能、寝返りの打ちやすさ、耐久性など良いマットレスの条件とされる項目をバランス良く満たしたマットレスです。

ここではアスリープマットレスのスペックを紹介し、アスリープマットレスは腰痛に良いのかどうかという視点で徹底的に解説していきます。

アスリープマットレスは3種類

アスリープのファインレボマットレスはチェンジタイプ、チョイスタイプ、ファインレボ+ウレタンタイプの3種類から選べます。

チェンジタイプは寝心地重視のタイプとなっており、背中から足に使用されているリバーシブルベースの組み合わせで4通りの硬さにチェンジが可能です。リバーシブルベースは表裏にハード面とソフト面があり、それを裏返すことで硬さが調整できます。背中の部分、腰の部分、足の部分の硬さを別々に調整できるため、身体の各パーツで自分に合った硬さにチェンジすることができます。

チョイスタイプは購入時にハードタイプかソフトタイプのどちらかを選択します。購入後に取り換えができず、チェンジタイプで使用されているリバーシブルベースは内蔵されていないので、使用中に自分の好みの硬さへのカスタムは不可となっています。

ファインレボ+ウレタンタイプは横向き寝にぴったりの構造となっており、和布団に近い寝心地をお好みの方におすすめされています。3つのタイプの中では一番深く沈み込むため、横向き寝の姿勢でも理想的な寝姿勢をキープすることができます。

まとめると、硬さを自分で調節できるチェンジタイプ、硬めか柔らかめから選択できるチョイスタイプ、横向き寝に適したファインレボ+ウレタンタイプの3種類から選べます。

アスリープの特徴はファインレボ素材

アスリープの全てのファインレボマットレスに使用されているのが、特殊な素材であるファインレボです。この聞き慣れない素材にはどんな特徴があるのでしょうか?

◯形状再現性が高くへたりに強い

ファインレボは形状再現性が非常に高く、荷重耐久試験にて寸法変化率が0%と驚異の数字をたたき出しています。これは何度圧縮してもほとんど型崩れしないということを表しており、へたりに対してめっぽう強いことがわかります。

◯ぷにょぷにょした素材でしなやかな柔軟性

ファインレボはお餅のようなぷにょぷにょした素材でしなやかな柔軟性と高いクッション性があります。マットレスに良く使用されているコイルなどの素材は上下への反発力のみですが、ファインレボはその形状から縦、横、斜めの3次元の動きで反発力を発揮します。寝返りを打つ際は人それぞれ様々な運動パターンがあります。上下だけでなく、横、斜めに反発してくれることでスムーズな寝返りを強力にアシストしてくれます。

アスリープの価格

アスリープの公式ホームページには価格の表記はありませんでしたので、他サイトで紹介されている価格を中心に調べてみました。

アスリープマットレスの価格は一番安いものでも60,000円前後と他社のマットレスに比べて、高い部類に位置付けられます。シリーズによっては100,000円を軽く超えるような商品もありましたので、品質にこだわっている分、価格は高くなっています。

私の感覚では50,000円以上のマットレスは正直高く、軽い気持ちでは手が出せません。マットレスの一部分に使われているファインレボは30年耐久素材で長持ちしますが、その他のウレタンやベース素材は2年しか保証がありませんので、それらの素材を何年かに一度買い替えることも考えられます。それらを総合的に判断するとコストパフォーマンスは決して高くないと感じてしまいます。

アスリープは腰痛にいいのか

ここからはアスリープマットレスが腰痛にいいのかという視点で解説していきます。

腰痛にいいマットレスの条件は、寝返りの打ちやすさ、体圧分散機能の高さ、寝心地の良さで決まります。それらの項目別でアスリープを評価していきましょう。

アスリープの素材に使われているファインレボは縦、横、斜めの三次元の方向へ反発力を発揮できるため、その面では寝返りが打ちやすくなっています。ただし、寝返りに最も重要な反発力は数値として示されておらず、公式ホームページにも柔らかいのに反発力が高いというやや曖昧な表現が使われています。腰痛対策マットレスであるモットンや雲のやすらぎなどは140N前後の硬さがあり寝返りは非常に打ちやすいですが、反発の高さという面でアスリープには物足りなさが残ります。

次に、体圧分散機能はどうでしょうか?

上でも紹介しましたが、アスリープのファインレボマットレスは3種類から選べます。特にソフトとハードの組み合わせで自分に合った硬さにカスタムできるチェンジタイプは魅力的で、頭や腰など身体の重い部分はハードに、それ以外の部分はソフトに調整ができます。この機能がバランスの良い体圧分散には効果的であるため、購入するタイプさえ間違わなければ優れた体圧分散機能を発揮してくれるでしょう。

最後に寝心地の良さはどうでしょうか?

素材に使われているファインレボは衝撃吸収に優れており、寝心地も抜群に良いです。就寝中にストレスなく眠れますので、ストレスからくる腰痛も引き起こしにくいでしょう。

これら3つの条件を合わせると、寝返りに重要な反発力に高さにやや物足りなさは残るものの、その他の部分での評価が非常に高く、腰痛にいいマットレスであることがわかりました。

まとめ

◯アスリープマットレスの特徴は素材に使われているファインレボである。

◯ファインレボは復元性が高く、耐久性も高い。

◯他社のマットレスに比べてアスリープマットレスの価格は高い。

◯硬さ以外の部分では腰痛対策として合格点をあげられるレベル。

ここまでアスリープの人気シリーズであるファインレボマットレスについてまとめてきました。購入の際はここまでの意見是非参考にしてみて下さいね。

-マットレス
-

Copyright© 腰痛の治し方-作業療法士が教える本当の腰痛の治し方 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.