現役作業療法士が腰痛の原因や治し方、対策について詳しく説明します。

腰痛の治し方-作業療法士が教える本当の腰痛の治し方

めりーさんの高反発枕

めりーさんの高反発枕の高さ調整する方法について徹底解説 

投稿日:

肩こりや首の痛みにベストな枕の高さとは?

就寝時の枕の高さが合っていなければ、慢性的な肩こりや首痛などに繋がってしまう場合があります。自分に合った高さの枕を選ぶかどうかで身体の健康状態に大きな違いが生まれます。今回は、その人それぞれに合った枕の高さの見つけ方から、肩こりや首痛に効果があると言われているめりーさんの高反発枕の紹介、めりーさんの高反発枕の具体的な高さの調整方法などについてまとめました。自分に合ったベストな枕の高さを理解し、肩こりや首痛で悩むことなく生活できるようにしていきましょう。

では、まず理想的な枕の高さについて解説していきます。

仰向けで寝る場合、横から見ると耳-肩の中央-股関節の付け根-膝-くるぶしが一直線に配置された姿勢が理想的な就寝姿勢だと言われています。枕の高さは人それぞれに違いがあり、頭の形や頚椎の前弯角度によって理想的な高さが決まります。あまり枕が高すぎると耳の位置が肩の中央のラインよりも上にきてしまうため、肩こりや首痛の原因となる僧帽筋上部線維や肩甲下筋が引き伸ばされてしまいます。逆に枕が低すぎるとそれらの筋肉は短縮した状態となります。筋肉は延長しても短縮しても血流が悪くなり、硬くなってしまいます。睡眠時間に個人差はありますが、睡眠中は基本的に同一姿勢で長時間過ごすことになりますので、姿勢バランスの崩れから肩こりや首痛が発生してしまうケースは非常に多いです。これらの理由から、理想的な枕の高さは人によって異なるということがお分かりいただけましたでしょうか?ポイントは横から見た時に耳と肩の中央のラインが同じ高さにくるように調整することです。

次に理想的な枕の形について解説します。最近は色々な形の枕が販売されていますが、ここで紹介しているめりーさんの高反発枕は横から見ると山が二つあるような波打った形状をしています。その形には肩こりや首痛を予防する工夫が隠されています。人間の頚椎は前に凸の生理的な前弯をしています。仰向けの際の頚椎を横から見ると、後頭部の出っ張りに比べ、頚椎部には前弯カーブでできたスペースが確認できます。平らな場所で就寝姿勢をとると、頸椎部が浮いてしまうため、首を支える筋肉には大きな負担がかかってきます。柔らかすぎる枕を使用した場合も頭の沈み込みが激しく、平らな場所で寝た時同様、頸椎部は浮いてしまいます。めりーさんの高反発枕は、この浮いてしまう頸椎部のスペースを埋め、首を支えるためにこのような波打った形状となっているのです。頚椎の前弯角度には個人差があります。前弯が強い人は頸椎部の高さを高く、逆に前弯が弱いストレートネックのような状態の人は高さをやや低く調整すると良いでしょう。

このように、めりーさんの高反発枕は高さ調整シートを入れ替えることにより、自分に合った理想的な高さや形に調整することができます。人間の頭の大きさや頚椎の前弯角度は人によって違いがあるため、このように形を変化させることのできる枕は非常に優秀であるということが理解していただけたのではないでしょうか?

めりーさんの高反発枕の高さ調整方法

ここからは、めりーさんの高反発枕の高さ調整方法を細かく説明していきます。

めりーさんの高反発枕は枕カバーの中に枕が1つ、厚さが約1㎝の高さ調整シートが4枚、厚さが約1㎝のハーフシートが2枚入っています。この高さ調整シートを足し引きすることで理想的な枕の高さと形にしていきます。

<頚椎前弯カーブの計測>

まず初めに、自分の頚椎前弯の深さを計測し、枕の高さを決めます。

① メジャーを用意します。

② 壁に背中を向けて立ち、リラックスし軽くあごを引いた状態で肩と頭を壁に付けます。

③ 横から見て首の一番深く凹んだ部分が壁から何㎝離れているかを計測します。

この距離が自分に合った枕の高さの目安になります。ちなみに男性の平均は約5㎝、女性の平均は約4㎝なので計測の際の参考にして下さい。

<枕の高さ調整>

次に、先程計測した頚椎の深さを基準に枕の高さを調整します。

① めりーさんの高反発枕を用意します。

② カバーから高さ調整シートを全て取り除きます。

③ 枕のみの高さは使用していない時で5㎝、使用している時で約3㎝なので自分の頚椎の前弯の深さに合わせて高さ調整シートを足していきます。(頚椎前弯の深さが4㎝の方の場合は高さ調整シートを1枚追加、5㎝の方の場合は調整シートを2枚追加という具合に。)

④ 寝心地や好みに合わせて高さ調整シートを足し引きし調整します。

⑤ 枕に傾斜をつけたい場合はハーフシートを利用してください。

以上がめりーさんの高反発枕の高さ調整方法です。こうやってみると意外に簡単なのがお分かりいただけたと思います。頚椎の前弯以外にも身体の厚みや普段の姿勢パターによって理想的な高さや形に若干の個人差は出てきますので、必ず最後の微調整は自分で行ってくださいね。

めりーさんの高反発枕の高さ調整の際の注意点

先程、めりーさんの高反発枕の高さ調整方法について解説しました。ここでは、枕の高さ調整の際の注意点についてまとめていきます。

◯枕が高すぎると肩こりや首痛以外にいびきの原因となる

枕が高すぎると肩こりや首痛はもちろんですが、気道が狭まることによるいびきの原因にもなってしまいます。したがって枕を高く調整しすぎるのはNGです。

◯枕が低すぎるとあごが上がり口呼吸の原因となる

枕が低すぎるとあごが上がり口呼吸の原因となります。口呼吸は口腔内が乾燥することにより風邪や細菌の増殖による口臭の原因となってしまいます。それらの理由からも枕を低く調整しすぎるのはNGです。

◯最終的な微調整は必ず寝心地にも配慮する

頚椎前弯の深さを測り、理想的な高さの枕で眠ることはもちろん1番大切ですが、最終的な微調整の際には必ず寝心地の良さも考慮してください。ストレスなく眠るために寝心地の良さは非常に重要な要素です。やや高めが好き、低めが好きなど個人によって好みの高さはあると思います。その理由から、理想的な高さと自分の好みの高さの丁度バランスの良いところに調整することをオススメさせていただきます。

◯基本的に横向きで眠る方は高めに調整するのがおすすめ

いびき対策には舌根沈下を予防するために横向きに眠るのが良いと言われています。基本的に横向きで眠るという方には枕をある程度高く設定することをオススメします。横向きの場合、頭を身体にまっすぐな状態で支えるためには肩幅分のスペースを埋めて支える高さが必要になります。仰向けに比べて、スペースの距離は必ず長くなりますので、その分の高さ調整シートを足してください。

仰向けでも横向きでもポイントとなるのは頭の位置が身体に対してまっすぐに支えられているかどうかです。その点を考慮し、良い高さに調整してくださいね。

めりーさんの高反発枕の高さに対する評判・口コミ

最後に、ここまで解説してきためりーさんの高さに対する高反発枕の評判や口コミを紹介します。

口コミは概ね、高さの調整が細かく可能なところが良い。自分に合った高さで使用することができるため満足している。など、好意的な内容のものが多かった印象です。高さが調節できる枕は他にあまり見かけませんので、その部分が評価されているのだと思いました。

逆に悪い口コミとしては、高さ調節が細かく少しややこしく感じたなど、調節方法に対する疑問や不満がありました。調節の方法としてはここまで解説したやり方を参考にしていただければ問題なくできると思いますので、購入を検討されている方は是非参考にしてみて下さい。

-めりーさんの高反発枕
-

Copyright© 腰痛の治し方-作業療法士が教える本当の腰痛の治し方 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.