現役作業療法士が腰痛の原因や治し方、対策について詳しく説明します。

腰痛の治し方-作業療法士が教える本当の腰痛の治し方

モットン

モットンは肩こりにも効果的?マットレスと肩こりの関係とは

更新日:

そもそも肩こりの原因は?

多くの人が悩まされている肩こりですが、その原因は様々です。精神的なストレスや悪い姿勢、目の疲れや運動不足などの原因の疾患名がはっきりしないものや頚椎椎間板ヘルニアや肩関節周囲炎などの整形外科疾患が背景にあるもの、高血圧症や更年期障害、うつ病などの整形外科疾患以外に背景があるものなどがあります。
ここではその中でも特に多くの人が悩まされている悪い姿勢からくる肩こりについて詳しく解説していきます。
肩こりの原因となる筋肉は細かく見ると様々ですが、肩の痛みやだるさの多くは頚部から肩の背面を覆っている僧帽筋とその周辺の筋肉の安静時筋緊張が高くなった状態に由来されます。では悪い姿勢をとり続けるとどうしてそれらの筋の緊張が過剰に高まってしまうのでしょうか?
姿勢の安定性は骨や靭帯そして筋肉によってもたらされています。人間には本来もっている身体のバランスというものがあり、直立姿勢を横から見ると耳-肩の中央-股関節の付け根-膝-くるぶしが一直線に配置された姿勢が理想的です。普段からそのような良い姿勢で生活できている人は安静時に過剰に僧帽筋の緊張が高まってしまうという事はほとんどありません。逆に悪い姿勢で生活している人の場合は、5~6㎏程度と重い頭部を安定させるため常に僧帽筋やその周辺筋が過剰に緊張し続けています。その状態が続くと、筋肉への血流は滞り筋肉が酸欠状態となります。

酸欠状態の筋内にはブラジキニンやプロスタグランジンといった発痛物質が停滞し、それが痛みや重だるさに繋がり肩こりを発症してしまうのです。僧帽筋に隣接している頚部の筋肉も同様に安静時の緊張が過剰に高まり、頚部のこりや頭痛、眼精疲労などの問題へと繋がってしまいます。
肩こりでお悩みの方は良く分かると思いますが、マッサージやストレッチをすると血流が一時的に良くなり症状は改善するものの、時間が経つと痛みや重だるさが元に戻ってしまいます。それは悪い姿勢が根本的に改善していないために僧帽筋や周辺の筋肉が再び過剰に緊張してしまった結果なのです。

では、そのような肩こりの状態を根本的に改善するためには何をすれば良いのでしょうか?
1番重要なポイントとして良い姿勢をキープするための筋肉を鍛えるという事が挙げられます。人間には大きく分けて2種類の筋肉があります。それはアウターマッスルとインナーマッスルです。アウターマッスルとは身体に動きを与える筋肉で身体の外側についています。胸にある大胸筋や太ももの大腿四頭筋、背中についている広背筋、先程肩こりの原因筋として紹介した僧帽筋もその1つです。

これらアウターマッスルは面積が大きいため発揮する筋力は非常に大きいですが持久性には乏しいのが特徴です。逆にインナーマッスルとは姿勢を保持するための筋肉で身体の内側についています。腹部の深いところに位置する腹横筋や背部の多裂筋、横隔膜、骨盤底筋群、肩周辺ではローテータカフがインナーマッスルとなります。これらインナーマッスルの筋肉は短く小さいため発揮する筋力は小さいですが、持久性が高いという特徴を持っています。良い姿勢を力むことなく維持するためにはこれらの筋肉が働くように普段から鍛える必要があるのです。いわゆるスポーツジムでマシンを使って鍛えるような方法ではなく、ヨガやピラティスなど自分の身体1つで行う運動の方がインナーマッスルを鍛えるのには適しています。


モットンの公式サイトはこちら

肩こりとマットレスの関係性とは?

肩こりを改善するためにはインナーマッスルを鍛えることが重要だと書きましたが、マットレス選びも非常に大切になってきます。人は1日の1/3の時間を寝具の上で過ごします。せっかく日中に良い姿勢を保つためのトレーニングを頑張っても寝ている時の姿勢が崩れてしまっていれば肩こりはなかなか改善してくれません。ではどのようなマットレスが肩こり改善に効果的なのでしょうか?

○反発力が高く良い姿勢がキープできるもの

○体圧分散に優れているもの

○寝返りの際に無駄な力が必要でないもの
この3点が肩こりの改善に効果があると考えられます。

○反発力が高く良い姿勢がキープできるもの
肩こり改善に良いと言われているマットレスはモットンや雲のやすらぎプレミアムなどの高反発マットレスです。高反発マットレスの特徴の一つとして、十分な硬さがあり身体をしっかり下から支えてくれるという点が挙げられます。身体の重い部分である頭や背中、お尻などが過剰に落ち込むことなく良い就寝姿勢を保ってくれます。逆に柔らかい低反発マットレスでは身体の重たい部分が過剰に落ち込んでしまうため理想的な就寝姿勢をキープすることが難しくなります。

○体圧分散に優れているもの
高反発マットレスとして人気のモットンや雲のやすらぎプレミアムは体圧分散にも優れているという特徴も持ち合わせています。十分に体圧分散が行えることで限られた筋肉のみが過剰に緊張し肩こりにつながってしまうという悪循環を断ち切ってくれます。逆に体圧分散が十分にできないマットレスでは寝るたびに僧帽筋や頸部周囲筋などの肩こりに関係する筋肉がリラックスすることができずに改善するどころか悪化する危険性さえ考えられます。

○寝返りの際に無駄な力が必要でないもの
人は寝ている最中に約20~30回寝返りを打ち体勢を変えています。寝返りの際に余分な力が必要なマットレスでは無駄な力が必要となり全身への血流が阻害されてしまうために筋肉がリラックスするための十分な酸素を運搬することができません。モットンや雲のやすらぎプレミアムといったいわゆる高反発マットレスはスムーズに寝返りが打てるという特徴があります。それらのマットレスを使用することでより筋肉がリラックスした状態で眠る事が可能となります。このことから肩こり改善にあたりスムーズに寝返りがうてるものかどうかも非常に重要なポイントとなってくることがわかります。
以上3点を満たしているマットレスが肩こり改善に効果的なマットレスということが言えます。

モットンはなぜ肩こりの人にもおすすめできるの?

腰痛改善マットレスとして人気のモットンですが肩こり改善にも効果的だということが分かっています。なぜ、モットンは肩こりの方にもおすすめできるマットレスなのでしょうか?
それは上記3点の肩こりに良いマットレスのポイントを全て満たしているからです。
モットンは高反発マットレスであり、硬さを表す値であるNは110~170Nと十分な反発力を有しています。このことから就寝時の姿勢をキープすることに長けているマットレスということが分かります。
モットンの公式ホームページには体圧分散に優れているというデータが掲載されています。これにより肩や腰などある一定の個所に負担が集中することがなくなり、肩こりの改善にも非常に有効であるということが分かります。
寝返りも同様でモットンは自然な寝返りを打つための反発力と構造を備えているため、普通のふとんや低反発マットレスなどと比較しても、よりスムーズな寝返りが打てるマットレスであるということが理解できます。
以上の3点からモットンは腰痛だけでなく肩こり改善にも効果的であるということがお分かりいただけたと思います。

モットンの詳細はこちら

モットンとめりーさんの高反発枕は相性抜群?

モットンを販売しているモットンジャパンからめりーさんの高反発枕という商品が発売されています。その枕の特徴は以下の通りです。
めりーさんの高反発枕の特徴はまず、寝返りがうちやすい適度な硬さを有しているという事です。高反発であるため、少ないエネルギーでも寝返りをうつことが可能となります。
また、形にも大きな特徴があります。頚椎の形にフィットさせるために高さ調整シートを導入しているので、様々な人の頚椎の形に合わせて高さや形を調整することが可能となっています。睡眠中の頭部が正しい位置に収まることで肩こりや腰痛の改善だけでなく、いびきがましになったとおっしゃる方も多くおられるそうです。
めりーさんの高反発枕の素材はウレタンフォームで構成されています。体圧分散に優れているため、ある特定の箇所に負担が集中することなくリラックスして眠る事ができます。

モットンとめりーさんの高反発枕は非常に相性が良いです。どちらも高反発なので合わせて使うことでより高い肩こり改善効果を発揮します。めりーさんの特徴である高さの調整を行うことで頭から首にかけての理想的な就寝姿勢をとることが可能となり寝違えや肩こりを起こす危険性がぐんと低くなります。
いうなれば2つを同時に使用すれば鬼に金棒という事です。もし肩こりにお悩みでモットンの購入を検討されている方は是非めりーさんの高反発枕も同時に購入してみて下さい。一つで使用するよりもより早く効果を実感することができると思います。

-モットン
-

Copyright© 腰痛の治し方-作業療法士が教える本当の腰痛の治し方 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.