モットン

モットンは腰痛にいい? モットンの特徴とメリットデメリットについて作業療法士が徹底解説

更新日:

モットンの特徴

腰痛改善に特化した高反発マットレス

モットンの特徴はなんといっても腰痛改善に特化した高反発マットレスであるという点です。高反発のマットレスであるため就寝中の自然な寝返りが非常にうちやすくなっています。

モットンの寝返りのしやすさは反発力を表す数値を見ても分かります。一般的に硬さを表すN(ニュートン)の数値が高いほど寝返りが打ちやすいとされており、モットンの製品はNの値が他社のマットレスと比較しても高く設定されているため、自然な寝返りをうつのに適したマットレスであるという事が言えます。

また、モットンのマットレスには3つの硬さのラインナップがあり、100N、140N、170Nの3つからより自分に合った硬さのマットレスを選ぶことができます。モットンの公式ページでは体重が45㎏以下の人は100N、45㎏~80㎏の人は140N、81㎏以上の人は170Nを選ぶのがオススメされています。このように体重に合わせて硬さを選択できることも嬉しい点の1つですね。

耐久性に優れている

モットンのもう一つの特徴としては高い耐久性があるという事です。マットレスに使用されているウレタンの密度に注目してみるとモットンの場合30㎏/m3と表記されています。これは他社の製品と比べると非常に高い水準であり、安さが売りの大手家具屋で売られている高反発マットレスと比べても大きな違いがあります。他社の製品には密度表記がないものも多く存在しているため、あえて密度を表記しているモットンからはその部分にも自信があるという事がうかがい知れます。

独自に行った耐久試験においても8万回の圧縮に耐えたとの試験結果が報告されているため、非常に高い耐久性を有しているという事が実証済みです。大切に使えば約10年は使い続けることができ、品質が落ちることなく長く使えるという点においても非常に優秀であるという事が分かります。

通気性が高い

モットンは汗と空気が上から下へ流れやすい最先端構造になっており、高い通気性を実現し快適な寝心地となっています。モットンのような高反発マットレスでは、素材が硬いため余分な沈み込みが少なく、低反発素材で寝た時のような皮膚に素材がまとわり付く心配もないため、汗で蒸れて起きることが少なくなります。ストレスなく眠ることができることで心因性の腰痛の予防や自律神経が安定して働くことに繋がり、このことからも腰痛改善に非常に効果的であるということが分かります。

90日間の返金保証制度がある

モットンが他社のマットレスと大きく異なる点として、90日間の返金保証制度を導入している点が挙げられます。これは、購入後90日の間に期待していた腰痛改善の効果を感じることができなかった場合、商品を返品することができるという制度になります。この制度により安心して商品を購入することが可能となっています。

人によって体形は様々です。ほとんどの方に効果のあるマットレスでも例外的に効果を感じることができない人がいるのも事実です。この制度があることで、「ダメなら返品すればいい!」という軽い気持ちで商品を購入することができますね。商品の品質に自信があるが故の制度ともとれるのではないでしょうか?

モットン 製品の詳細情報

素材;ウレタンフォーム

硬さ:100N、140N、170Nの3種類から選ぶことのできる高反発のマットレスである。

厚み:10cm

値段:シングル39800円(税込)

セミダブル49800円(税込)

ダブル59800円 (税込)

密度:30D

モットンのメリット・デメリット

メリット

寝返りがしやすい

通気性が良い

耐久性が高い

90日間の返品保障がある

3種類の硬さから選ぶことができる

デメリット

長期保障がない

モットンは高い?安い?コストパフォーマンスについて

モットンの価格はシングルで39,800円、セミダブルで49,800円、ダブルで59,800円と高反発マットレスの中では安すぎず、高すぎず丁度良い価格帯であるといえます。高反発マットレスの価格はメーカーにより様々で、安いもので1万円を切るものから、高いもので10万円を超えるものまであります。ニトリなどで販売されている高反発マットレスは非常に安く手に入るものもありますが、腰痛の方に対して素材からこだわって作った商品とは言い難く、品質には疑問符が付きます。その点、モットンは腰痛専門マットレスとして製造されており、寝返りの打ちやすさと比例する硬さを表す値のN(ニュートン)もしっかり数値で示されています。製品の品質を維持した中でのこの価格はコストパフォーマンスに優れているといっていいと思います。また、モットンには8万回の耐久試験に耐えた優れた耐久性が備わっています。長く使える商品であることから考えても非常にコスパが良いと言えますね。

嬉しいことにモットンは90日間の返金保障制度を導入しています。90日間実際に使用した後で万が一腰痛に全く効果が出なかった場合でも返品することが可能ですので、安心して商品を購入することができます。

以上のことから考えると、価格や耐久性、返品保障の観点からコストパフォーマンスは非常に良いということが言えると思います。

結論:モットンは腰痛持ちの方にオススメか?

腰痛にいいマットレスを選ぶうえで重要なポイントとなるのは、

  • 寝返りが打ちやすいかどうか。

②体圧分散ができ腰への負担を軽減することができているか。

③寝心地が良いものを選ぶ。

この3点が非常に重要となってきます。

いくら良い姿勢で寝る事ができたとしても寝返りをせずに同一姿勢を長時間とり続けてしまうと体の同じ部分に負担がかかり続けてしまいます。

モットンの高反発マットレスは上記の条件をすべて満たしており、専門的な目線から見ても腰痛の方にオススメできるマットレスであるという事が言えます。

寝返りがうちやすいってどういうこと?

モットンは寝返りがうちやすく腰痛に良いとの記事をよく見ますが、なぜ就寝中に寝返りがスムーズにできると腰痛の改善につながるのかがいまいち分かりにくい記事が多い印象があります。そこで、寝返り動作について、寝返りはどのように起こっているのか、なぜモットンでは寝返りがうちやすいのかなどの視点で身体や動作のプロである作業療法士が解説していきたいと思います。

寝返り動作は、支持基底面が次々に変化する転がり運動です。支持基底面とは人や物が支えられている底面で、接点の外縁を結んだ範囲のことです。上向きに寝ている場合は頭から踵までの範囲が支持基底面となります。

転がり運動には、ある部位から始まった運動が途切れることなく全身に波及し、体を回転させることが必要です。つまり、寝返り動作をスムーズに行うためには動作が途中で止まることなく連続して行われる必要があります。

そのスムーズな運動を完成させるためには動作を遂行するための筋力はもちろん必要ですが、筋力以外にも重要な力があります。

それは重力と床反力という2つの力です。

寝返りだけでなく、歩行などの動作を人間が行うためには重心を移動させる必要があります。重心を移動させるには、身体に作用する外力、すなわち重力とその重力に対して反発する力である床反力の働きが必要となります。

重力は重心に作用する力であり、作用する位置や大きさを人為的に変化させることはできません。したがって、我々は床反力の作用する位置や大きさを調節して回転運動を引き起こしています。少し難しい話ですが、例えば平らな机の上にコップを置いた場合、勝手にそのコップが動いたり、倒れたりすることはありません。それはコップに対する重力と、床反力の関係が拮抗しているからです。

では、このコップを倒すにはどうすれば良いでしょうか?

例えば、指でコップの淵を横から押せば簡単に倒すことができます。これは外からの外力により釣り合っていた重力と床反力のバランスが崩れたためです。

また、コップを倒すもう一つの方法がコップの接地している床を不安定にするという方法です。ソファーなどの柔らかいところにコップを置くとどうなるでしょうか?

コップは不安定な場所に置かれてしまったために倒れてしまいますよね?これは、ソファーなどの柔らかいものにコップの重さが加わり沈むなどすることで接地面の形が変化します。するとコップに対する重力と床反力の力の線がズレてしまい結果的にコップには回転力がうまれ、倒れてしまうのです。つまり、柔らかい物の上で重心を移動させるには床反力の向きがコントロールしにくく、思うように物体は移動できないということが分かります。

寝返り動作に話を戻すと、低反発マットレスでは身体がマットに沈み込むため寝心地の良さは感じますが、寝返りをうつ際にはマットが柔らかい分、床反力の力を利用しにくく寝返りがうちづらいという結果になってしまうのです。反面、モットンには適度な硬さがあるため寝返りの際に床反力がしっかりと身体に返ってきます。そのおかげで自分の思ったように重力と床反力をコントロールすることができ、スムーズな寝返りを行うことができるのです。

先程、寝返り動作は連続して運動をする必要があると書かせていただきましたが、マットレスから腰や首の部分が浮いていると連続運動の妨げになります。そのため、マットレスが硬すぎても運動の連続性はスムーズにいきません。硬ければ硬いほど寝返りがしやすくなるというわけではありません。

マットレスの適度な硬さに加え、しっかりと体圧分散されることがスムーズな寝返りをうつために必要な条件となります。体圧分散が十分に行えていれば、腰や首の部分がマットレスから浮く割合も減少します。そのおかげで首から始まる寝返り動作の力が途切れることなく下肢へと連続で伝わりスムーズな寝返りが完成するのです。

 作業療法士から見たモットンの特徴まとめ

上記のことから、スムーズに寝返りをうつためには適度な硬さと体圧分散に優れたマットレスを使用することが重要であるということがお分かりいただけたのではないでしょうか?

それらの点からも、適度な硬さを有し、体圧分散に優れたマットレスであるモットンは寝返りがスムーズにうちやすく、腰痛改善に効果的であるという事が言えますね。

とはいってもなかなか、高額な商品である高反発マットレスに手が出ないというのが素直な感想であると思います。しかし、このマットレスで腰痛を改善することができれば毎日の仕事や家事が快適に行えるようになるだけでなく、腰痛で悩まされている時に通うはずだった接骨院や整体、毎日のシップなどの費用を抑えることができると考えると決して高い買い物ではないはずです。そのような視点からも腰痛にお悩みの方がモットンを購入することをオススメさせていただきます。長い目で見ると逆に経済的です。

それに万が一、体に合わなかった場合でも返品することができますので「一度試してみよう。」という軽い気持ちで購入してみてはいかがでしょうか。

-モットン
-

Copyright© 腰痛の治し方ドットコム-作業療法士が教える本当の腰痛の治し方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.