現役作業療法士が腰痛の原因や治し方、対策について詳しく説明します。

腰痛の治し方-作業療法士が教える本当の腰痛の治し方

腰痛の治し方

テルネリンで腰痛緩和?テルネリンの成分や副作用について解説

投稿日:

テルネリンとは?主成分や効果について

テルネリンとは一般名でチザニジン塩酸塩と呼ばれる筋肉のコリや硬さを緩和する効果のある薬です。

テルネリンの詳細を表にまとめてみました。

主成分 チザニジン塩酸塩
作用 中枢神経に作用し、筋肉の緊張の原因である神経伝達を抑える。
疾患 肩こり、腰痛、脳血管障害後の筋緊張亢進、脊髄損傷による痙性麻痺などが対象である。
副作用 軽い副作用:眠気、脱力感、ふらつき、口渇

重い副作用:ショック、急激な血圧低下、心不全、呼吸障害、肝機能障害

※重い副作用症状が出現したら服薬を中止し医師に診てもらいましょう

注意点 ○高齢者は気を付ける

○副作用に眠気がありますので、車の運転前などは飲まないようにする。

○服薬時の飲酒はなるべく避ける

○かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出現すると服薬をやめる

○肝障害がある方は服薬できない

○妊娠または授乳中は服薬できない

腰痛への効果 腰周囲の筋肉が張っている、硬くなっている場合はテルネリンにより緊張が緩和される。緊張が緩むことで血流が改善し疼痛緩和が期待できる。

○主成分

テルネリンの主成分は一般名でチザニジン塩酸塩と呼ばれるものです。薬効分類名は筋緊張緩和剤です。

○作用

脊髄及び上位中枢(脳など)に作用して、脊髄多シナプス反射を抑制することによって骨格筋の弛緩をもたらします。分かりやすく説明しますと、脳や脊髄から出ている筋肉への緊張指令を抑える効果のある薬です。

○疾患

臨床的には、痙性麻痺、頸肩腕症候群、腰痛症などにおける筋緊張緩和に用いられる。

具体的には脳血管障害、痙性脊髄麻痺、頸部脊椎症、脳性麻痺、外傷後遺症の痙性麻痺に効果があるとされている。

○副作用

薬には必ず副作用があります。また、副作用には弱いものと強いものがあります。強い副作用が出現した場合すぐに服薬を中止する必要があります。

軽い副作用には口渇、悪心、食欲不振、胃部不快感、腹痛、下痢などがあります。製薬会社のデータによると、テルネリンによる副作用の出現は約5パーセント程度であると報告されています。強い副作用にはショック、急激な血圧低下、心不全、呼吸障害、肝機能障害があります。強い副作用には命に関わるものもありますので、注意が必要です。医師の指示に従って容量、用法は必ず守るようにしてください。

○注意点

テルネリンは腎臓から排出されます。高齢者では腎機能が低下していることがあるため注意が必要です。また副作用に血圧低下がありますので特に高齢者のかたは気を付けてください。また妊婦の方も気をつけなければいけません。ちなみに副作用がきついためよっぽどのことがない限り妊婦に処方されることはないかと思います。動物実験では妊娠中のラットの赤ちゃんに重量低下、化骨遅延、死亡などが報告されています。ただしこのような症状はテルネリンを大量投与した動物実験のデータなので、医師がきちんと容量を決めてくれていればリスクは低くなります。妊娠中の腰痛で悩んでいるならば、テルネリンなどの薬物療法よりも、副作用のない非薬物療法のほうが良いと思います。

妊娠中の腰痛の原因と対策についてはコチラ

○腰痛への効果

最後にテルネリンの腰痛への効果についてまとめていきます。頸肩腕症候群、腰痛症における筋緊張状態の改善に対する有効率は54.7パーセントとの報告があります。約半分の人に有効であるとの結果ですが、やや有効である項目まで含めると80パーセントを超えます。

テルネリンは中枢神経に作用することで、筋肉の緊張を落とす薬です。そのため腰部周囲の筋肉の硬さが原因の腰痛には効果があると思います。筋肉は硬くなると血流低下します。血流が低下することで酸素不足になります。するとより多くの酸素を求め、血流を促進する「ブラジキニン」という化学物質が生成されます。ブラジキニンは内因性発痛物質と呼ばれ痛みを発生させます。これが腰の筋肉が硬くなることで腰痛になるメカニズムです。そのため、腰部周囲筋が硬い腰痛の方にはテルネリンは効果が高いのではないでしょうか。

しかし腰痛にはストレスや恐怖体験など筋肉以外が原因となる場合も少なくはありません。

慢性腰痛の原因は筋肉ではなく脳にあるのではとの報告が近年多く議論されているのも事実です。そのような腰痛パターンの人にはテルネリンを投与しても効果がなかなか現れない可能性があります。服薬治療すると必ず副作用が出現します。腰痛を改善する方法は他にもたくさんあります。筋肉が硬くなる原因には運動不足などもあります。散歩やストレッチで改善する可能性もあります。副作用のない非薬物療法からまずは始めることをお勧めします。副作用のない腰痛対策には、運動療法、アロマ、寝具を変える、ストレッチ、認知行動療法などがあります。薬を使用する前にまずはこれらの非薬物療法からはじめてみてはいかがでしょうか?

まとめ

○テルネリンは腰痛症に効果がある

○テルネリンの作用は筋肉を緊張させる神経を抑制させる

○妊婦や高齢者は服薬する際に気を付けなければならない

○腰部筋肉が硬くなっており腰痛の方にはテルネリンは効果がある

○腰痛には様々な非薬物療法がある

-腰痛の治し方
-

Copyright© 腰痛の治し方-作業療法士が教える本当の腰痛の治し方 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.