現役作業療法士が腰痛の原因や治し方、対策について詳しく説明します。

腰痛の治し方-作業療法士が教える本当の腰痛の治し方

腰痛の治し方

生理痛からくる腰痛の原因と対策について

更新日:

生理痛の原因とメカニズム

腰痛の原因は姿勢の崩れやストレスなど様々ありますが、女性特有の腰痛の1つに生理が原因となる腰痛が挙げられます。女性であれば生理は避けては通れません。約1/3の女性が生理痛で悩まされているというデータもあるため、その腰痛はもしかしたら生理が原因であることも十分に考えられます。生理を正しく理解し、適切な対策ができるように心がけましょう。

まずは生理痛について詳しく解説していきます。

生理痛の主な原因は大きく分けて4つあると言われています。

1、プロスタグランジンの分泌量の増加

2、発育不全により子宮の出口が狭くなること

3、生理中の冷え

4、ストレス

の4つです。では、その1つ1つについて解説していきます。

生理痛の原因

1、プロスタグランジンの分泌量の増加

生理中は子宮を収縮させ、剥がれ落ちた子宮内膜を経血として身体の外に押し出す働きをする「プロスタグランジン」が分泌されています。プロスタグランジンは人間の様々な器官に存在するホルモンのような物質であり、発痛作用を持っています。このプロスタグランジンが生理周期の乱れなどの影響で過剰に分泌されると子宮が強く収縮してしまうため生理痛の原因となります。

2、発育不全により子宮の出口が狭くなること

これは若い女性などに多い原因であり、子宮の出口が狭いために経血が外にスムーズに排出されないことが痛みの原因となります。出産を経験した女性は子宮の出口が広がるために生理痛が軽くなる場合も多いそうです。

3、生理痛の冷え

生理が始まると、体温は生理前よりも低下します。体温が低下している時は身体の血液循環が悪くなっていますので、発痛原因となるプロスタグランジンが骨盤内に滞ってしまいます。結果的にそれが痛みの原因となるのです。もともとの基礎代謝が低い人はより冷えの影響が強いと言われています。

4、ストレス

人間はストレスを感じるとホルモンや自律神経のバランスが悪くなり、結果的に血行不全の状態となってしまいます。自律神経のバランスが乱れれば体温調整機能も十分に働かなくなり、より体が冷えてしまうという悪循環に陥ってしまうため、結果的に痛みを強めてしまいます。

以上4つが生理痛の原因と言われています。

痛みが非常に強い場合は子宮内膜症や子宮筋腫などの疾患が隠れている場合もありますので、早急に産婦人科を受診されることをオススメします。

生理からくる腰痛は何が原因?

では、生理からくる腰痛はどのような原因で起こるのでしょうか?

それは生理前に排出されると言われている「リラキシン」というホルモンが関係しています。

リラキシンは卵巣ホルモンの1種で、骨盤周りの関節や靭帯を緩める働きを持っています。女性の身体は生理前になると、経血をスムーズに外に排出できるようにリラキシンの作用で骨盤が開きやすくなります。骨盤が不安定になれば、その周辺の筋肉に大きな負担がかかってしまいます。その結果、腰痛が発症するというメカニズムです。

普段から姿勢が良くコアマッスルが十分に働いている人はリラキシンの働きで骨盤の靭帯が緩んだ場合でもその周りの筋肉であるコアマッスルの保護作用が働くため、腰痛が発生することはほとんどありません。逆にコアマッスルを十分に働かせることができていない人は姿勢保持には向いていない脊柱起立筋や広背筋などの大きな筋肉が選択的に働いてしまうため、それらの筋肉が徐々に本来の柔軟性を失っていき、腰痛へと繋がってしまうのです。

生理痛・腰痛を改善するために

以上のことから、生理痛・整理からくる腰痛を改善するためには、

○生理周期を乱さないこと

○身体を冷やさず、普段から基礎代謝の高い身体にしておくこと

○ストレスを余りため込まず、発散すること

○姿勢を整えること

○骨盤の安定に関わるコアマッスルを鍛えること

が重要であるという事が分かりました。ここからは今からでもできる生理痛・腰痛の改善対策をご紹介します。

1、規則正しい生活を心がける

生理だけに限らず、規則正しい生活をおくることは何よりも重要になってきます。

好き嫌いなく3食しっかり食べ、栄養をしっかり補給し、夜は最低でも6時間は眠るように心がけましょう。あまり寝つきが良くないという方は寝具を変えてみるというのも1つの方法です。自分の身体に合った寝具で眠るようにしましょう。

マットレスの選び方を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

2、身体が冷えないように対策する

女性の身体は男性に比べ冷えやすくできています。冬場に暖かい格好をするのはもちろん大切ですが、夏場でも冷房が効いた部屋などに長時間いると身体はどんどん冷えてしまいます。その際は、常に1枚羽織るものを持ち歩くことやタオルケットやスリッパなどを用いるのも有効な対策の1つではないかと思います。

3、定期的にストレスを発散する

ストレスをため込むのは生理痛にも腰痛にも良くありません。とは言っても、現代の社会においてストレスを感じずに生きていくというのはほぼ不可能です。読書や運動、動物と触れ合う時間など自分が好きで癒されるという時間を持つように心がけ、定期的に発散するように心がけましょう。

ストレス性腰痛についてまとめたページはこちら

4、ヨガやピラティスなどに通う

女性に人気のヨガやピラティスは姿勢を整えるためにはピッタリの運動です。いわゆるジムで器具を使って行う筋トレで鍛えるようなムキムキの身体を作るのではなく、女性らしくしなやかで柔らかい身体を作ることができます。やり方さえ覚えれば、どこでも道具なしで取り組むことができる点も嬉しいポイントの1つですね。

5、骨盤底筋を鍛える

骨盤底筋とは骨盤の底を支える細かな筋肉の集まりです。この筋肉はコアマッスルの1つに分類されており、働きが悪ければ姿勢の崩れに繋がってしまいます。

普通分娩であれば出産の際に傷つく事でも有名な筋肉ですので、出産を経験したことのある女性は特に弱っていることが多いです。

1日5分以下のトレーニングを継続するだけで、効果を実感することができますので一度試してみてはいかがでしょうか?

骨盤底筋のトレーニング

1、うつ伏せになりお腹の下に丸めたバスタオルを入れる。

2、足を閉じ約20秒間継続してお尻を締めるように力を入れる。

3、これを2~3セット繰り返す。

これだけ大丈夫です。非常に簡単な方法ですが、毎日続ければ姿勢改善効果と腰痛改善効果が期待できます。

最後に

ここまで、生理の原因と生理からくる腰痛の原因、それらに対する対策についてまとめてきました。原因を正しく理解し検証すると対策が見えてきます。どの対策も決して難しいものではないと思いますので、1度試してみることをオススメいたします。

-腰痛の治し方
-

Copyright© 腰痛の治し方-作業療法士が教える本当の腰痛の治し方 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.