CVA上肢運動麻痺のリハビリテーション~予後予測から最新の治療介入まで~

lgi01a201312060400

講師氏名:湯川 喜裕 先生
資格:作業療法士、修士(健康科学)
所属:医療法人 穂翔会 村田病院 リハビリテーション部 主任
内容[概要]
現在の作業療法では、代償手段や残存能力の強化により、障害があっても新しい生きがいを感じる価値観を生み出し、社会復帰を実現するモデルが推奨されています。


しかしながら、急性期や回復期の現場では、「治りたい、動くようになるのか不安」など悲痛な訴えがあるのも事実です。一方で、上肢の運動麻痺における予後予測の判断は難しい部分が多く、先の見えない臨床に不安を抱くこともあると思います。また、過度に目標達成を意識し過ぎてしまうと、過少な目標設定となり最大限の機能回復が得られないケースも考えられます。


上肢の運動麻痺の予後予測については、脳の損傷範囲に左右され、運動麻痺に関しては錐体路の損傷程度が大きく影響します。


今回のセミナーでは、錐体路損傷に応じた上肢の運動機能回復について動画を中心に説明し、目標達成を可能にした治療プロセスや方法について紹介していきたいと考えています。その過程で、上肢の運動麻痺の予後予測を判断する能力を高め、運動機能を最大限に高めた目標を達成するきっかけになれば幸いに思います。

[内容]
Ⅰ.当院での取り組み
①rTMS(反復経頭蓋磁気刺激療法の紹介)
②tSMS(経頭蓋静磁場刺激療法の紹介)
③BMI(Brain Machine Interface)の治療紹介

Ⅱ.予後予測に応じた治療効果
①予後予測と画像診断
②TMS(経頭蓋磁気刺激)を用いた錐体路の機能評価
③錐体路の損傷程度に応じた機能回復の動画紹介
④運動機能回復の重症度に応じた脳の可塑性について

Ⅲ.錐体路損傷に応じた治療仮説
①意図と運動について
②意図を出現させる脳領域
③情動と機能回復
④運動学習と注意

Ⅳ.錐体路損傷に応じた治療介入の紹介(実技指導込み)
①運動錯覚における治療効果
②FES(機能的電気刺激)の治療効果
③代償を制限させた筋力増強訓練の紹介

Ⅴ.症例検討
①錐体路温存型の治療解釈とアプローチ
②錐体路重度損傷型の治療解釈とアプローチ
③遂行機能障害を呈した症例に対する運動麻痺のアプローチ

など上肢運動麻痺に対する客観的な評価・介入方法に関して幅広く紹介、説明(質疑応答も含む)、実技提示を行います。

[学会]
湯川 喜裕,他:脳卒中片麻痺患者に対する低頻度反復経頭蓋磁気刺激と作業療法の併用効果における適応と限界.第52回日本作業療法学会,2018
湯川 喜裕,他:脳卒中片麻痺患者の手指に対する振動誘発運動感覚錯覚課題の治療効果—脳波を用いた検討.第43回日本脳卒中学会学術集会,2018
湯川 喜裕,他:体性感覚野領域の限局した梗塞により手指に重度の感覚障害を呈した一症例
-体性感覚誘発電位(SEP)を用いた治療介入とその効果-.第18回認知神経リハビリテーション学会学術総会,2017
湯川 喜裕,他:皮質脊髄路の損傷程度が低頻度反復経頭蓋磁気刺激の治療効果に及ぼす影響.第41回日本脳卒中学会学術集会,2016
湯川 喜裕,他:重度の皮質脊髄路の損傷を認めた症例の可塑的変化について-経頭蓋磁気刺激による運動誘発電位を用いた検討-.第49回日本作業療法学会,2015
Yoshihiro Yukawa,et al:The excitatory change of the primary motor cortex in a patient who presented with severe ataxia.Asia Pacific Stroke Conference,2014
Yoshihiro Yukawa,et al:The effect that the presence or absence of vibration induced illusory movements in the motor imagery -Examination using the motor evoked potential by the transcranial magnetic stimulation-.第16回世界作業療法士連盟大会・第48回日本作業療法学会,2014
湯川 喜裕,他:脳血管障害患者に対するrTMSとリハビリテーションの併用効果について-経頭蓋磁気刺激による運動誘発電位を用いた検討-.第43回大阪脳卒中臨床研究会,2014
Yoshihiro Yukawa,et al:Effect of Low Frequency Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation and Occupational Therapy on Upper Limb Function in Hemiplegic Stroke Patients.Asia Pacific Stroke Conference,2013
湯川 喜裕,他:振動誘発運動感覚錯覚課題後の運動イメージが皮質脊髄路の興奮性に及ぼす影響―経頭蓋磁気刺激による運動誘発電位を用いた検討―.第47回日本作業療法学会,2013
湯川 喜裕,他:脳卒中片麻痺患者の手指運動機能に対する振動誘発運動感覚錯覚課題の学習効果.第46回日本作業療法学会,2012
湯川 喜裕,他:慢性期脳卒中片麻痺患者の上肢機能に対する振動誘発運動感覚錯覚課題の効果.第45回日本作業療法学会,2011
湯川 喜裕,他:脳卒中片麻痺患者の運動イメージと運動錯覚との比較・検討.第30回 近畿作業療法学会,2010
Yoshihiro Yukawa,et al:Brain activity during vibration-induced illusory movements in hemiplegic stroke patients-A study using functional near-infrared spectroscopy (fNIRS).The 6th World Congress for NeuroRehabilitation,2010

[論文]
Marina Tani,Yoshihiro Yukawa,et al:Action observation facilitates motor cortical activity in stroke patients with hemiplegia.Neurosci Res,DOI:10.1016,2017
湯川 喜裕,他:脳卒中片麻痺患者における振動誘発運動感覚錯覚中の脳活動─
機能的近赤外分光装置(fNIRS)研究─.作業療法学31:41-51,201
日時令和2年2月16日(日)
10時00分~16時00分
 会場

会場:尼崎中企業センター 401                    
住所:〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2-6-68尼崎中小企業センター

兵庫県尼崎市昭和通2-6-68

受講費通常:9,800円
ペア割り:8,800円 
※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。
②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。
③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。
④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む


投稿日:2019-10-17 | Posted in セミナー一覧, 大阪・兵庫開催No Comments » 

関連記事