【ADL実技セミナー】片麻痺者のトイレ動作と予測的姿勢制御の促通 ~足底の運動感覚を考慮した手のリーチ活動の展開~

028

講師氏名:原 義晴 先生
資格:作業療法士
所属:大和大学 教授
内容片麻痺患者の多くは、抗重力姿勢になるほど非対称姿勢が著明になります。そして、この非対称姿勢の状態で日常の生活行為を繰り返すと、麻痺側上下肢の筋緊張が亢進するとともに支持基底面が狭窄します。つまり、片麻痺者は、目的活動の当初から不安定な姿勢制御を強いられていることになります。

片麻痺者の生活行為を支援する場合、それぞれの目的活動を行いながら安定した姿勢制御を促通して、活動当初から安定した姿勢が予測的に自ら制御できるように活動レベルを引き上げる必要があります。

これには、支持基底面となる両側の足部および下肢の状態と手の活動を協調させて一連の活動が円滑に行えるように段階づけたアプローチが必要になります。
しかし、日常的に慣れた活動では、特に足底の感覚情報は意識されることは少なく、手に活動の意識が向かいます。

そこで、どのようにすれば片麻痺者の生活行為に対して麻痺側・非麻痺側の足底の運動感覚情報を取り込み易くすることができるのか、手の活動と両足部・下肢の運動を如何に協調させるのかというテーマで事例を提示しながら解説します。

また、実技では、麻痺側の亢進した筋緊張の構築を修正しながら立位姿勢の安定につながるリーチ活動の展開、並びに、移乗・下衣の上げ下ろしを含む一連のトイレ動作を通して安定した予測的姿勢制御に繋げる方法の習得を目的とします。

内容
◯片麻痺者の生活行為と二関節筋に着目した姿勢制御の修正
◯足部への感覚情報と手のリーチ活動の促通(実技を含む)
◯片麻痺者の立位姿勢や歩行を促通するリーチ活動と麻痺側の過緊張の修正(実技を含む)
◯移乗・下衣操作などの一連のトイレ動作における予測的姿勢制御の促通(実技を含む)

日時令和2年6月28日(日)
10時00分~16時00分
 

会場:エル・おおさか 606号室

住所〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14
受講費通常:9,800円
ペア割り:8,800円 
※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。
②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。
③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。
④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む


投稿日:2020-03-10 | Posted in セミナー一覧, 大阪・兵庫開催No Comments » 

関連記事