脳卒中患者のADL支援-トイレ動作・起居、移乗動作編-

講師

氏名:東 泰弘先生

資格:作業療法士

所属:森ノ宮医療大学

講師 学位:博士(保健学)

内容全2回のzoomセミナーとなります
セミナー資料はデータ配布予定
振り返り受講あり
 
 
 
【概要】 
作業療法士が最も多く介入するADLの1つにトイレ動作があります。 トイレ動作の自立度を高めるためにはまず、起居・移乗動作の獲得が必要となります。 トイレ動作の自立は、病院からの自宅復帰や患者のQOLとも大きく関わります。

そのため作業療法士としてトイレ動作を支援することは非常に重要であると言えます。 しかし、トイレ動作の評価法や介入方法については明確なものがないのが現状です。

今回作業療法士の東泰弘先生にトイレ動作と起居・移乗の評価・介入についてお話していただきます。 トイレ動作を分析的に評価し介入する方法が学べます。

またトイレ動作の自立度も関係が深い起居・移乗動作についてもどのように評価しアプローチすれば良いのかについても解説していただきます。

また、受講者の臨床の疑問についてもお聞きし、セミナー内容の構成をさせていただきます。 より臨床の悩みや疑問を解決するセミナーとなりますので、是非ご参加してみてください。 後日見逃し配信も予定しております。

【こんな悩みがある方にオススメ】
〇トイレ動作の介入方法が分からない
〇トイレ動作の評価をFIMやBIでしかとっていない
〇担当患者のトイレ自立度が上がらない
〇起居・移乗はPTに任せている
〇起居・移乗動作の介入方法が分からない

【質問方法】
本セミナーは臨床家の実際の悩みや疑問を受付、それをセミナー構成の参考としております。 質問はリハガク公式LINEを友達登録後に個別メッセージにてお願いします。
リハガク公式LINE
↑こちらから友達登録お願いします。 
  
【こんな質問が届いています】
〇動作は安定しているが高次脳機能障害の影響でトイレが自立できない方に対する介入方法が知りたい
〇トイレ動作時にお尻のふき方で何か良い指導方法はありますか?
〇ズボンの上げる際に円背で麻痺側上肢が上手く使えない方へのアプローチ方法
〇移乗時にプッシャー症状が出現する人への介入方法で困っています。
〇移乗時に把持した手すりを上手く離せない方はどうすれば良いですか?
日時2021年11月12日(金)20:00~21:30
2021年11月19日(金)20:00~21:30
全2回開催の合計3時間となります。
会場zoom利用でのオンライン
受講費通常:3980円(税込)
リハガクオンライン有料会員:50%OFFの1990円 (税込)
リハガクオンラインについてはコチラ

https://rehagaku-online.com/
注意事項1.本セミナーはzoomを利用するオンラインセミナーです。入室はセミナー開始30分前より開始します。
2.お申し込みと同時に自動返信メールが届きます。迷惑フォルダ等に分類されメールが届かない場合がございます。その際は弊社HPのお問い合わせフォ-ムにご連絡ください。その後数日以内にお振込み先情報のメールを送らせていただきます。
3.入金確認後ウェビナー招待メールを送らせていただきます。
4.開催1週間前のキャンセルは返金できませんのでご了承ください。
5.セミナー資料を添付する場合もございますがお配りできない場合もございます。また、動画の転載、資料データの不正利用等は固く禁じております。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。 そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセル
ポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。
②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む


投稿日:2021-10-12 | Posted in オンライン, セミナー一覧No Comments » 

関連記事