セミナー一覧

(※キャンセル待ち)機能解剖・運動学から考える!肩関節疾患に対するリハビリテーションアプローチ

l_047

講師【講師】
氏名:佐藤 真一 先生
所属:藤田保健衛生大学 准教授
資格:認定作業療法士、専門作業療法士
内容

※定員に達しました。ただいまキャンセル待ちです。
【概要】

肩関節は人体の中で最も可動性が高い関節です。
臨床現場で疼痛や可動域制限を抱える患者様を経験することは少なくないと思います。
複雑に構成されている関節だからこそ基礎を大切にし、機能解剖学に基づいた治療を展開していくことが必要不可欠です。

今回は藤田保健衛生大学の佐藤真一先生をお招きし、肩関節の機能解剖から脳卒中・上腕骨骨折・いわゆる五十肩などの肩関節のトラブルに対しての対応についてご講演していただきます。
また、治療のデモンストレーションなども行っていただく予定です。

肩関節疾患を中心に実践しておられる佐藤先生より肩関節疾患の臨床展開について学
ぶことができる貴重な機会となっております。
積極的なご参加お待ちしております。


【内容】
◯肩関節の機能解剖

◯評価 
・画像評価
・肩関節特有の評価
・総合的な評価

◯治療
・体幹・肩甲帯へのアプローチ
・肩関節
・疾患特有の治療(CVA・五十肩・上腕骨骨折・腱板断裂など)
・デモンストレーション 

【講師】
氏名:佐藤 真一 先生
所属:藤田保健衛生大学 准教授
資格:認定作業療法士、専門作業療法士

日時平成30年1月28日(日曜日)
10時00分~16時00分
会場

会場:セミナールーム ナナイロラボ

http://nanairolab.net/post_lp/seminar/

住所:大阪市西区北堀江1-2-19 アステリオ北堀江ザ・メトロタワー7F セミナールーム

大阪市西区北堀江1-2-19

受講費通常:9,800円
ペア割り:8,800円 ※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。
②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。
③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。
④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む

投稿日:2017-10-27 | Posted in セミナー一覧, 大阪・兵庫開催No Comments » 

 

臨床で役立つ動作分析方法~生体心理学的視点を加えて~

087-balance-ball_free_illustration

講師 【講師】

 氏名:玉垣 努 先生

資格:作業療法士

所属:神奈川県立保健福祉大学 教授
内容

[概要]

私たちは、常に転ばないように安定した姿勢の中で様々な活動・生活を行っています。その際、姿勢は無意識下で制御されており、活動に応じて体幹や上下肢を用いて柔軟に反応しています。

このように活動する際に身体の中枢部分に安定性を得ることで、末梢部分は自由でリラックスした探索活動が可能となります。



頸髄損傷、脳外傷、脳血管障害、切断、脳性麻痺などの身体障害領域の患者にみられる共通項目としては、重力のある世界の中で姿勢を保持するという、最も基本的な「基礎的定位」の障害を受けてしまい、患者は動けなくなるということにあります。

動けない状況には、麻痺や欠損のために動き方がわからない場合、姿勢を保持しようと柵や車いすにしがみつく場合などがあります。

そして何とか動こうと試みても、活動は姿勢制御に支配されているので、固定的な姿勢から脱することができなかったり、上肢の活動もバランス反応に支配されていて努力的で粗雑な操作しかできない場合が多いです。



臨床動作分析とは、対象者の動作障害に対して分析を行い、どのように動作の改善を与える活動を選択するか、どのように治療者は対象者に介入するか、その結果どのように動作障害は改善したか、分析および検討することを中心としています。

そのため分析で大切なことは、評価のための分析ではなく治療につながる情報をいかに収集していくかが重要なポイントとしています。動作分析をおこなう際、どのような観点から分析をおこなうか?

分析の視点(切り口)が大切であります。

いくつもの視点を治療者が持ちあわせることは、対象者の障害に対して臨機応変に分析できるとともに理解を深めることに役立つものと考えます。



今回は神奈川県立保健福祉大学の玉垣努先生をお招きし、臨床動作分析の基礎から“生態心理学”や“アフォーダンス”の概念を取り入れたリハビリテーションの考え方、実際のアプローチ方法の実技などについてご講演いただきます。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。



[セミナー内容]

◯臨床動作分析とは

・クラインフォーゲルバッハの運動学を導入した理解

・アフォーダンスについて

・アクティブタッチについて



◯臨床動作分析のポイント

・パーキングファンクションとは?

・ダイナミックスタビライゼーションとは?

・ブリッジ活動とテンタクル活動

・端座位における支援活動

・生態心理学からみた理解



◯活動における治療的誘導とは?

・アクティビティを考える

・セラピストの役割



◯各種治療実技



【講師】

氏名:玉垣 努 先生

資格:作業療法士

所属:神奈川県立保健福祉大学 教授



〈著書〉

•玉垣 努(2001)『脊髄損傷マニュアル第2版:第2章 動作訓練の食事,整容,書字動作と更衣動作と入浴動作と自動車運転』医学書院

•玉垣 努(2005)『ADL 作業療法の戦略・戦術・技術 第二版:5 力の作用』三輪書店

•玉垣 努(2009)『中枢神経系疾患に対する作業療法』三輪書店

•玉垣 努(2011)『頸髄損傷(高齢不全頸髄損傷)』菊池恵美子,OT臨地実習ルートマップ東京:メジカルビュー社

•玉垣 努.松本琢磨.Ⅳ福祉用具の適応 起居床上.木の瀬隆.作業療法全書(改訂第3版)作業療法技術学2 福祉用具の使い方・住環境整備第10巻.東京:協同医書出版;2011.p.33−41.

•玉垣 努(2011)『Ⅶ疾患別福祉用具使用例 頸髄損傷.木の瀬隆.作業療法全書(改訂第3版)作業療法技術学2 福祉用具の使い方・住環境整備』第10巻.東京:協同医書出版.

•玉垣 努(2011)『アフォーダンスの視点から頸髄損傷を考える』.市川和子.標準作業療法学 作業療法臨床実習とケーススタディ第2版.東京:医学書院

•玉垣 努,能條慶彦編(2012)『身体障害者の性活動』三輪書店

•玉垣 努(2012)『作業療法における上肢機能アプローチ』三輪書店

•玉垣 努(2013)『OTの臨床実践に役立つ理論と技術』三輪書店

•玉垣 努,渡邉慎一編(2013))『クリニカル作業療法シリーズ 福祉用具・住環境整備の作業療法』中央出版



日時 平成30年2月4日(日曜日)

10時00分~16時00分
会場

会場:セミナールーム ナナイロラボ

セミナールーム「ナナイロラボ」


住所:大阪市西区北堀江1-2-19 アステリオ北堀江ザ・メトロタワー7F セミナールーム

大阪市西区北堀江1-2-19

受講費 通常:9,800円

ペア割り:8,800円 ※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項 ①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。

②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。

③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。

④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。

⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。

⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。

⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。



※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。

そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。

キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。

※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む

投稿日:2017-10-28 | Posted in セミナー一覧, 大阪・兵庫開催No Comments » 

 

先行研究から紐解く半側空間無視のメカニズム~基礎・評価・治療介入編~

165

講師[講師]
氏名:谷口 博 先生
資格:作業療法士
学位:博士(健康科学)
内容[概要]
中枢神経障害領域で働くセラピストにとって、「半側空間無視」は避けては通れない症状であると思います。

今回はその臨床現場でよくよく見かける症状について、基礎から治療介入までを徹底的に解説していただきます!!

半側空間無視という症状によりICFの活動・参加に問題を呈する方は多いです。ADLに支障をきたすのはもちろんの事、車の運転ができなくなったり、仕事復帰が困難になるなど参加の部分にも大きな問題が生じます。

半側空間無視を呈する患者さんが安心・安全な生活を送り、社会復帰を実現するためにはその人、その症状の事を本当に理解しているセラピストの力が必要不可欠であると考えます。

評価ができることで、治療が始まります。本セミナーでは「なぜ?」と普段から疑問に感じる評価に加えて、「どうすればいいのか?」という治療介入法までを幅広く丁寧にお伝えさせていただきます。

【このようなお悩みを解決するセミナーとなっております】
〇担当患者様の半側空間無視の症状をどのように理解すればいいのか悩んでいる。
〇半側空間無視の機序を正確に理解できていない。
〇半側空間無視に対する効果的なアプローチ方法が分からない。
〇脳の機能局在と高次脳機能障害の関係性を正確に理解できていない。
〇担当患者様のADLで半側空間無視が阻害因子となっているがどう介入すれば良いか悩んでいる。

【セミナー内容】
〇半側空間無視とは?
〇半側空間無視の症状
〇半側空間無視の病巣
〇頭頂葉について
〇上縦束について
〇頭頂葉、上縦束と半側空間無視の関連について

☆半側空間無視の評価
〇様々な評価スケールの紹介
〇機能的評価
〇動作的評価
〇その他評価

☆メカニズム仮説について
〇空間性注意のネットワーク
〇方向性注意障害説
〇半球間抑制障害について
〇注意の開放障害説
〇視覚性注意の神経機構仮説
〇表象障害説 
などその他諸説

☆治療編について
〇プリズムアダプテーション
〇視覚操作訓練について

上記の内容に加えてさらに数多くの先行研究をレビューし方法、治療回復メカニズムなどを解説してきます。また、症例動画から治療介入、治療説明を行います。

[講師]
氏名:谷口 博 先生
資格:作業療法士
学位:博士(健康科学)
日時平成30年2月11日(日曜日)
10時00分~16時00分
会場

会場:IdcN国際デザインセンター セミナールーム3
住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパーク・デザインセンタービル

愛知県名古屋市中区栄三丁目18番1号

受講費通常:9,800円
ペア割り:8,800円 ※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。
②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。
③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。
④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む

投稿日:2017-11-27 | Posted in セミナー一覧, 愛知開催No Comments » 

 

CVAを理解するために基礎から学ぶ!脳の機能解剖~前頭葉・頭頂葉編~

l_041

講師【講師】
  氏名:谷口 博 先生
  資格:作業療法士
学位:博士(健康科学)
内容

【概要】
CVAを理解するためにはまず、基礎となる脳の機能解剖の知識を深める必要があります。
今回は、脳の中でも認知的な制御や行為に関わりが深く、非常に重要な役割を持つ【前頭葉】と【頭頂葉】にスポットを当て、講義を進めていただきます。

CVA後の運動麻痺の回復を目指しリハビリテーションを行っていく上で、高次運動・感覚野などの機能を有する【前頭葉】と【頭頂葉】の機能について深く知っておくことは必要不可欠なものであるという事が考えられるでしょう。

また半側空間無視や注意障害など病態の理解が難しい高次脳機能障害を有する患者様を担当することも少なくないと思います。
それらの症状は、脳の機能局在で考えると【前頭葉】と【頭頂葉】に深い関わりを持っていることが証明されています。


これらの事からも、担当患者様により良いリハビリテーションを提供するために脳の機能解剖は現代のセラピストが知っておかなければならない項目であると言えるのではないでしょうか?

今回は、脳に関する論文も多数発表されている谷口博先生に【前頭葉】、【頭頂葉】の基本機能を先行研究を用いて解説していただきます。
また、深めた【前頭葉】、【頭頂葉】の知識を臨床にどのように活かすか?という視点からも分かりやすく解説していただく予定です。

脳の基礎解剖に興味のある方、脳血管疾患のリハビリテーションの幅を広げたい方は是非、参加をお勧め致します。


【講師】
氏名:谷口 博 先生
資格:作業療法士
学位:博士(健康科学)

日時平成30年3月4日(日曜日)
10時00分~16時00分
会場

会場:尼崎中小企業センター 401
住所:〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目6-68

兵庫県尼崎市昭和通2丁目6-68

受講費通常:9,800円
ペア割り:8,800円 ※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。
②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。
③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。
④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む

投稿日:2017-10-30 | Posted in セミナー一覧, 大阪・兵庫開催No Comments » 

 

脳内機構から考える注意障害のリハビリテーション

167 

講師[講師]
氏名:谷口 博 先生
資格:作業療法士
学位:博士(健康科学)
内容【概要】
脳卒中後のじつに4割の患者に集中力が低下したと報告があるほどCVAと注意障害は切っても切れない関係にあると言えます。

注意障害は作業の失敗の増加や同時進行課題ができなくなるなどリハビリテーションを進めていく上で問題となる症状が多数出現します。また訓練だけでなく日常生活においても車の運転の問題や、歩行時の転倒リスク増加、家事動作時の火元管理など問題となる場面を挙げるときりがありません。

これら注意障害のメカニズム仮説の紹介、脳内機構の説明などを先行研究から読み解き、効果的なリハビリ介入方法についてご教授していただきます。

質疑応答の時間を余裕をもってご用意しておりますので、臨床でのお悩み解決にお役立て下さい。

【このようなお悩みを解決するセミナーとなっております】
〇担当患者様の注意障害の機序を理解できていない。
〇注意障害により阻害されたADL動作能力を改善したい。
〇注意障害に対する効果的なアプローチ方法が知りたい。
〇注意障害を有する患者様の退院指導に責任が持てない。

【セミナー内容】
〇注意障害の概要について
・注意機能の分類
・注意の種類・定義・役割
・神経ネットワークの形成・再形成モデル
・神経ピラミッド
・注意障害の症状

〇注意障害に関わる脳部位
・注意障害のメカニズム
・注意ネットワークについて
・注意機構に関わる脳部位
・注意ネットワークの機能的役割
・注意の神経機構仮説

〇注意障害の評価
・全般性注意のスクリーニング検査
・持続性注意検査
・選択制注意検査
・共通注意評価表とターゲット項目

〇注意障害に対するリハビリテーション
・注意障害に対するフィードバックの期待効果
・認知リハビリテーションの効果
・まとめ
日時平成30年4月22日(日)
10時00分~16時00分
会場

IdcN国際デザインセンター セミナールーム3
住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパーク・デザインセンタービル

愛知県名古屋市中区栄三丁目18番1号

受講費通常:9,800円
ペア割り:8,800円 ※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。
②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。
③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。
④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む

投稿日:2017-11-08 | Posted in セミナー一覧, 愛知開催No Comments » 

 

上肢に対する多角的アプローチ~心身機能・活動・参加を「つなぐ」ために~

195

講師【講師】
  氏名:元廣 惇 先生 
  資格:作業療法士
  所属:島根リハビリテーション学院 作業療法学科 専任教員
    島根大学大学院 医学系研究科 内科学第三
内容

※本セミナーは5年目以下の作業療法士・理学療法士を対象としております。5年目以上の方でもその点にご理ただけますとご参加は可能です。

[概要]
昨今、セラピストを取り巻く情勢は変化し、より活動・参加に関して強くフォーカスが当たっている様に感じます。

しかしながら専門職であるセラピストに求められる事、それは対象者のニーズに沿って、ICFモデルに基づき「心身機能ー活動ー参加」を理論的、実践的に「つなぐ」介入を行う事だと私は考えています。

それを実現する為にはセラピストが何か一つの観念に固執する事なく、状況に応じて思考の「抽象度」をコントロールし、適応的に行動を選択する必要があります。

今回のセミナーが上肢に関する介入の多様性を感じ、そしてそれらを繋ぐ理論、技術を身に付けるきっかけになれば幸甚に思います。

[内容]
・上肢機能の背景となる姿勢制御への介入
・上肢機能への直接的介入(ハンドリング)(道具操作)
・FES(機能的電気刺激)の導入
・上肢装具療法(アームスリング選定)
・24時間マネージメント(個別リハ時間以外の介入)
 など上肢への評価・介入に関して幅広く紹介、説明、実技提示を行います。

(みなさまの学びをサポートするため小グループごとにアシスタントが実技指導を行います)

日時平成30年4月29日(日曜日)
10時00分~16時00分
会場

会場:RCC文化センター  703号室
住所:〒730-0015 広島市中区橋本町 5-11

広島市中区橋本町 5-11

受講費通常:7,000円
ペア割り:6,000円 ※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。
②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。
③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。
④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む

投稿日:2017-10-24 | Posted in その他, セミナー一覧No Comments » 

 

先行研究から紐解く半側空間無視のメカニズム~基礎・評価・治療介入~

本日は、先行研究から紐解く半側空間無視のメカニズム~基礎・評価・治療介入編~のタイトルでセミナーを開催しました。場所は大阪で講師は作業療法士の谷口博先生に務めていただきました。


様々な評価方法や、アプローチ方法についても動画を用いて分かりやすく説明していただきました。
半側空間無視のメカニズムから評価・治療と分かりやすく説明していただきました。

また 質疑応答の時間では時間の許す限り先生に答えていただきました。 より深く、実践的な学びへと繋がったのではないかと思います。 講師を務めて下さった谷口先生、ご参加いただいた皆様、本日はありがとうございました。

IMG_1376

投稿日:2017-04-26 | Posted in セミナー一覧, 過去セミナーNo Comments »