セミナー一覧

上肢の予後予測に着目したニューロリハビリテーションについて

lgi01a201312060400

講師

氏名:湯川 喜裕 先生
資格:作業療法士
所属:医療法人 穂翔会 村田病院 リハビリテーション部

内容

 [概要]
現在の作業療法では、代償手段や残存能力の強化により、障害があっても新しい生きがいを感じる価値観を生み出し、社会復帰を実現するモデルが推奨されています。

 

しかしながら、急性期や回復期の現場では、「治りたい、動くようになるのか不安」など悲痛な訴えがあるのも事実です。一方で、上肢の運動麻痺の予後予測については難しい部分が多く、先の見えない臨床に不安を抱くこともあると思います。

 

上肢の運動麻痺の予後予測については、脳の損傷範囲に左右され、運動麻痺に関しては錐体路の損傷程度が大きく影響します。

 

今回のセミナーでは、錐体路損傷に応じた上肢の運動機能回復について動画を中心に説明し、目標達成を可能にした治療プロセスや方法について紹介していきたいと考えています。その過程で、上肢の運動麻痺の予後予測を判断する能力を高め、目標を達成するきっかけになれば幸いに思います。

[内容]

1.上肢の運動麻痺の予後予測について
①予後予測と画像診断

②TMS(経頭蓋磁気刺激)を用いた錐体路の機能評価

③錐体路の損傷程度に応じた機能回復の動画紹介

④予後予測を高めるための当院の試み

 

2.ニューロリハビリテーションについて
①運動錯覚における治療効果

②FES(機能的電気刺激)の治療効果
③代償を制限させた筋力増強訓練の紹介

④反復性経頭蓋磁気刺激の治療効果

⑤BMI(Brain Machine Interface)の治療効果

 

など上肢への客観的な評価・介入方法に関して幅広く紹介、説明、実技提示を行います。

日時平成30年5月27日(日曜日)
10時00分~16時00分
会場

会場:エル大阪 606
住所:〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14

大阪市中央区北浜東3-14

受講費通常:9,800円
ペア割り:8,800円 ※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。
②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。
③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。
④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む

投稿日:2018-03-01 | Posted in セミナー一覧, 大阪・兵庫開催No Comments » 

 

高次脳機能障害のリハビリテーション~ADLをどう診るか、どう介入につなげるか~

l_180

講師【講師】 
氏名:東 泰弘  先生
所属: 大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科博士後期課程
資格:作業療法士
内容

脳血管障害の対象者に、高次脳機能障害を認めることはよくあります。

高次脳機能障害は記憶障害、注意障害、遂行機能障害など様々な認知機能が絡み合っており、臨床において評価や介入方法に悩むことが多いのではないでしょうか?

 

現在のリハビリテーションでは、高次脳機能障害の評価に神経心理学的検査を用いることが多く、観察による評価はあまり確立されていません。

もちろん検査を用いた評価も重要ですが、ADL観察を通して何がどのように困難であるのかを細かく分析し、一つ一つの項目に分けて的確に評価しアプローチする視点は、非常に重要です。

脳卒中ガイドラインでも高次脳機能障害の介入において特異的な机上課題よりも実生活の中での目的志向的な介入を推奨しています。つまり、目標とするADLなどの観察を通して高次脳機能障害を評価し、それに応じた介入をすることが大切です。

今回は高次脳機能障害を有する対象者のADL観察をどのように行うのか、また脳の機能解剖学などを基礎から復習し、観察した内容を分析する方法を学びます。更に実際の事例を提示し対象者が抱えている問題を分析した上でどのように目標を立て介入したかを具体的に考えていきます。

○観察をどのようにすれば良いかわからない。
○評価はしたけど、どのように目標設定や介入をしたら良いかわからない。

このような悩みを持っておられる方に適しているかもしれません。

 

セミナー内容

ADL遂行時の脳の働きと仕組み

ADL観察の仕方

症状に合った介入の指針

応用行動分析学的アプローチ

【講師】 
氏名:東 泰弘  先生
所属: 大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科博士後期課程
資格:作業療法士

日時平成30年6月10日(日曜日)
10時00分~16時00分
会場

会場:第一セントラルビル1号館 3階中ホール
住所:〒700-0901 岡山市北区本町6番36号

岡山市北区本町6番36号

受講費通常:7,000円
ペア割り:6,000円 ※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。
②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。
③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。
④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む

投稿日:2018-03-05 | Posted in セミナー一覧, 岡山開催No Comments » 

 

中枢神経疾患・運動器疾患に対する体幹の運動制御~実技中心~

l_168

講師

江口 泰弘 先生 
理学療法士 
㈱PNF研究所

内容

 【概要】
あらゆる中枢神経疾患・運動器疾患の治療において「体幹が重要」と言われます。
ではどう、なぜ大事なのかを問われた時、答えに窮するセラピストが多いようです。
今回は肩・腰部・下肢の整形疾患や片麻痺・パーキンソン症候群などの中枢神経疾患それぞれに対し、共通して治療対象となることが多い体幹をどうみていく必要があるのか、どう運動性や安定性を構築すればよいのかを機能解剖を交え、実際に障害をイメージしてもらいながら、実技にとことんこだわります。

※実技セミナーですので少人数制で実施いたします。定員に達し次第募集を締め切らせていただきます。


【セミナー内容】
午前
〇機能解剖について
〇脊柱・体幹筋のモビライゼーションを障害別に実技

午後
〇上部体幹(肩甲帯)
〇下部体幹(骨盤帯)のコア調整と安定性を高める手技を障害別に実技


【講師】
江口 泰弘 先生 
理学療法士 
㈱PNF研究所

日時平成30年9月8日(土曜日)
10時00分~16時00分
会場

会場:大和大学 講義棟6階 理学療法実習室
住所:〒564-0082 大阪府吹田市片山町2-5-1

大阪府吹田市片山町2-5-1

受講費通常:9,800円
ペア割り:8,800円 ※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。
②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。
③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。
④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む

投稿日:2018-05-15 | Posted in セミナー一覧, 大阪・兵庫開催No Comments » 

 

作業科学から考えるADLアプローチ

l_104

講師講師:酒井 ひとみ 先生
所属:関西医療福祉科学大学 教授
資格:認定作業療法士、博士(保健学)
内容

「人は作業をすることで元気になれる」(日本作業療法士協会の合言葉)といわれていますが、その「作業」とは何なのでしょうか? 作業に焦点を当てた作業療法と心身機能向上訓練は相いれないものでしょうか? 作業療法士の十八番であるADLアプローチを通して理解を深めていきます。

【セミナーの目当て】
〇「作業」を作業科学やそれを基盤にした実践理論を通して理解する。
〇作業療法士が提供する独自のADLアプローチについて再確認する。
〇臨地の実践に活用できる知識を知りその技術の基礎を学ぶ。

〈セミナー内容〉
〇作業療法士は何をする人か?
○作業とは?
○ADLと作業の関係
○作業に焦点を当てた作業療法とは?
○作業を基盤した作業療法とは?
○心身機能と作業の関係
○ADLアプローチへの作業分析の活用
○作業療法士の立ち位置

*講義と演習(評価中心の予定)


講師:酒井 ひとみ 先生
所属:関西医療福祉科学大学 教授
資格:認定作業療法士、博士(保健学)
【著書】
・作業療法事例集 共著、1998、協同医書出版社
・図解 作業療法技術ガイド(第2版)共著、2003、文光堂
・作業科学 作業的存在としての人間の研究(Ruth Zemke,Florence Clark編著:Occupational Science The Evolving Discipline) 共訳、 1999、三輪書店
・クライエント中心の作業療法 カナダ作業療法の展開(Mary Law編著:Client-Centered Occupational Therapy)共訳、2000、協同医書出版社 
・頚髄損傷のリハビリテーション第2版 共著、2006、協同医書出版社 「働くことの意義と支援」共著、作業療法ジャーナルVOL.43(7)(6月増刊号)2009,三輪書店.
・作業療法学全書作業療法技術学3日常生活活動改訂第3版編著、2009、 協同医書出版社
・作業療法評価学改訂第2版、共著、2010、医学書院 etc

日時平成30年9月16日(日曜日)
10時00分~16時00分
会場

会場:名古屋企業福祉会館第5+6会議室
住所:名古屋市中区大須2丁目19番地36号

名古屋市中区大須2丁目19番地36号

受講費通常:9,800円
ペア割り:8,800円 ※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。
②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。
③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。
④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む

投稿日:2018-05-19 | Posted in セミナー一覧, 愛知開催No Comments » 

 

CVA、高齢者に対する自動車運転評価と支援全般の実際~現法を踏まえて、今療法士がどう介入するか?

自動車運転

講師[講師]
氏名:生井 宏満 先生
資格:作業療法士
所属:佐野厚生総合病院
内容【概要】
 大脳皮質の加齢性変化や脳血管障害によって、認知機能の低下や高次脳機能障害が問題とされる方の自動車運転が、社会問題となっています。
この問題に対し、対象者のニーズに沿って、身体機能や活動能力、認知機能、高次脳機能を評価できるリハビリテーション・セラピストの役割が重要視されています。

現在、運転に関与する研究会なども発足されており、リハビリテーションに関わる各種学会で高齢者や脳血管障害後遺症者に対する自動車運転評価や支援についての報告が散見されるようになりました。

一方で、その支援方法は各都道府県での独立した対応となっています。
医療機関や行政機関での対応は様々であり、介入方法には個人的・環境的な格差が生じています。
したがって、その関わり方には統一性がなく、各セラピストでもどのように支援や評価をしてよいのか混乱する問題となっています。

本セミナーでは、急性期から回復期での自動車運転再開や評価を支援・検討した実例を含め、最新の道交法や行政、自動車学校、自治体の動向や連携手段について、個人での対応が可能な支援方法や評価内容といった最新情報を紹介します。

これらの知識には日々のアップデートが必要です。
この講義を受講することで翌日からセラピスト個人でも運転評価や支援ができる内容となっております。

【内容】

  ◯現行道交法

  ◯運転に関する身体機能・活動能力について

 ◯ 神経心理学的検査について

  ◯ドライビング・シュミレーターについて

  ◯実車評価について

  ◯代替手段について

 ◯ 院内、公安委員会、自動車教習所を連携の取り方について

  ◯症例

  ◯今後の課題

  ◯その他、私見など
日時平成30年10月14日(日曜日)
10時30分~16時30分
会場

会場:ドーンセンター 特別会議室
住所:〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター

大阪市中央区大手前1丁目3番49号

受講費通常:9,800円
ペア割り:8,800円 ※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。
②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。
③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。
④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む

投稿日:2018-05-04 | Posted in セミナー一覧, 大阪・兵庫開催No Comments » 

 

片麻痺者の生活行為に対する作業療法の展開~食具などの道具操作を通した手へのアプローチ~

l_216

講師

氏名:原 義晴 先生

資格:作業療法士

所属:大和大学 教授

内容  (概要)

脳卒中後遺症により身体片側の麻痺が生じた場合、非麻痺側の手を使いながら様々な生活行為を取り戻そうとします。



この場合、片麻痺者は、これまで両手動作で経験したものとは全く違う運動感覚情報を感じることになります。そして、混乱しながらも生活環境に適応しようと努力されます。

 

本セミナーでは、はじめに、片麻痺者が直面する非麻痺側手を使う場合の姿勢及び運動の困難さと、その障害像の捉え方を実際に道具操作をしながら体験学習します。特に、片麻痺者のスプーン・フォーク・箸・調理器具など道具操作に伴う運動ー感覚情報の分析と困難さを抽出します。 その後、作業療法士として片麻痺者が行いやすいと感じる介入方法を実技体験します。

次に、ある程度麻痺手が動く場合の回復過程を、道具操作の段階づけから事例報告とその作業療法内容を実技体験します。 そして、生活行為における片麻痺者の麻痺手・非麻痺手の関係を利き手・非利き手の役割から検討します。

 

(内容)

 1.手の役割と神経システムの関係

 2.片麻痺者の食具等の操作と姿勢コントロールの関係

 3.非麻痺手による道具操作と麻痺側身体への介入

 4.麻痺手の道具操作(食具・調理具など)の事例分析と回復への道具操作の段階づけ

 5.非利き手・利き手の関係から麻痺手の捉え方と作業慮法の介入意義
日時 平成30年10月21日(日曜日)

10時00分~16時00分
会場

会場:尼崎中小企業センター 401 

住所:〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目6-68

 

受講費 通常:9,800円

ペア割り:8,800円 ※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項 ①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。

②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。

③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。

④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。

⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。

⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。

⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。



※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。

そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。

キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。

※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む

投稿日:2018-05-24 | Posted in セミナー一覧, 大阪・兵庫開催No Comments » 

 

認知症をもつ人に対するリハビリテーション~意味のある作業とは?~

l_097

講師[講師]
氏名:松下 太 先生 
所属:森ノ宮医療大学 
学位:博士(医学)  
資格:作業療法士(認知症専門・認定作業療法士)
内容

【概要】 
WHOの報告によると世界で認知症の人は2030年に6,570万人に達すると言われており、2050年には1億1,540万人に増加するとの試算が発表されました。

日本でも本年1月に、認知症の人の支援を進めるため政府が策定する「認知症国家戦略」で、2025年には65歳以上の約700万人が認知症になるとの新たな推計が発表され、ますます療法士が認知症をもつ人と関わる機会が増加していくことが予想されます。

本セミナーでは、認知症の病型や症状といった基礎から、コミュニケーション方法や作業療法を中心とした非薬物療法から認知症の予防までを学びます。特に、認知症疾患がメインの対象疾患ではない急性期や回復期病院に勤務されている療法士の方にも役に立つ内容となっております。

療法士として、認知症をもつ人との関わりで悩んでいる方や、急性期や回復期病院で認知症をもつ人にどのようなリハビリテーションを提供すれば良いのか悩んでいる方、あるいは興味のある方は是非参加してみてください。

【セミナーの内容】 
〇認知症の基礎知識 
〇認知症の原因について 
〇認知症をもつ人の評価スケール 
〇認知症をもつ人とのコミュニケーション 
〇認知症をもつ人へのアプローチ方法 
〇認知症をもつ人に対するアクティビティについて 
〇認知症をもつ人のチームアプローチについて 
〇認知症の予防について

<講師紹介> 
氏名:松下 太 先生 
所属:森ノ宮医療大学 
学位:博士(医学)  
資格:作業療法士(認知症専門・認定作業療法士)

日時平成30年11月25日(日曜日)
10時30分~16時30分
会場

会場:ドーンセンター 大会議室1
住所:〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター

大阪市中央区大手前1丁目3番49号

受講費通常:9,800円
ペア割り:8,800円 ※メッセージ欄にペアの方の①氏名②メールアドレスをご記入下さい
注意事項①お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。
②お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。
③当方にてセミナー受講料振込み確認が出来次第、セミナー申込完了となります。
④講習中の撮影や録音などはご遠慮ください。
⑤HP用の撮影を講習中にさせて頂きますのでご理解ください。
⑥講習会中の事故、怪我については責任を負いかねます。
⑦資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を禁止とさせて頂きます。

※登録後、自動返信メールが届かない場合がございます。
そのような方は迷惑メール設定を変更し再度、参加申し込みを送信していただくようお願い致します。
キャンセルポリシー

①セミナー開催日より7日以内のキャンセルにつきましてはいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。

②キャンセルの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

③ご返金は振り込みにて行います。
※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

このセミナーに申し込む

投稿日:2018-05-17 | Posted in セミナー一覧, 大阪・兵庫開催No Comments » 

 

先行研究から紐解く半側空間無視のメカニズム~基礎・評価・治療介入~

本日は、先行研究から紐解く半側空間無視のメカニズム~基礎・評価・治療介入編~のタイトルでセミナーを開催しました。場所は大阪で講師は作業療法士の谷口博先生に務めていただきました。


様々な評価方法や、アプローチ方法についても動画を用いて分かりやすく説明していただきました。
半側空間無視のメカニズムから評価・治療と分かりやすく説明していただきました。

また 質疑応答の時間では時間の許す限り先生に答えていただきました。 より深く、実践的な学びへと繋がったのではないかと思います。 講師を務めて下さった谷口先生、ご参加いただいた皆様、本日はありがとうございました。

IMG_1376

投稿日:2017-04-26 | Posted in セミナー一覧, 過去セミナーNo Comments »